Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

性犯罪で再逮捕された元ヒステリックブルー・ナオキの手記を改めて公開する

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
創

〔はじめに〕20202年9月23日ナオキ逮捕の報を受けて  編集部

 ここに掲載するのは元「ヒステリック ブルー」のギタリスト、ナオキが2016年、刑務所出所を前にして書いた手記だ。なぜ改めてネットで公開しようと考えたかと言うと、2020年9月23日、彼が再び性犯罪容疑で逮捕されたという報道がなされ、私のところにもマスコミ取材が入るなどしているからだ。メディアによっては実名を伏せているものもあるが、元ヒステリックブルーと報じられているから、今後報道が大きくなるだろうと思われる。  性犯罪者の再犯とあって、既にネットでは性犯罪で出所した人間の情報は開示せよとか、一生刑務所に閉じ込めておけといった、身もふたもないコメントが書き込まれている。性犯罪を巡ってこの10年ほど、治療プログラムの導入など、様々な努力が重ねられてきたのに、それが全く水泡に帰しかねない雰囲気だ。  ナオキには近々接見して事情を聞こうと思うし、ヤフーニュースなどで報告したいと思うが、とりあえず2016年の彼の手記をこうして再度公開することにした。彼は出所を前に自分の将来について思い悩み、更生を誓うために敢えて手記を公開したのだった。そういう動機で書かれた手記だからだ。  ヒステリックブルーは98年にメジャーデビューして「春~spring~」などヒットを連発、99年にはNHK紅白歌合戦にも出場するなど、人気を誇ったにもかかわらず、03年に突然の活動休止。そして04年3月には、ナオキが突然、強制わいせつ容疑で逮捕された。バンドは解散となったが、さらにその後、余罪が明らかになり、女子高校生らを含む9名に対するわいせつ・強姦の容疑で起訴。06年に懲役12年の実刑判決が確定した。ファンにとっては、信じがたい衝撃的な出来事だった。  その後、ナオキの消息はわからず、いったい何故そんな事件を起こしたかもファンに知らされることはなかった。1審では情状証人として出廷した妻ともその後離婚し、かつての知人ともほとんどやりとりはなかった。  『創』はそういうナオキから手紙を受け取り、やりとりが始まった。かねてより書いているように、判決が確定すると事件について全く報道しなくなってしまうマスコミのあり方には疑問を感じている。有期刑の受刑者はいずれ出所し、社会の中での更生が始まる。再犯性の高い薬物依存や性犯罪においては更生がとりわけ大きな意味を持つ。ナオキの場合は、生きがいだった音楽活動の行き詰まりといった事件の背景があると思われるから、今後の生き方が大事になる。  現在、刑務所などで性犯罪者に課せられている治療プログラムが導入されたきっかけは、2004年に起きた奈良女児殺害事件だと言われている。死刑が確定し2013年に執行された小林薫元死刑囚は06年、『創』に1年近くに渡って手記を連載していた。そのこともあって、性犯罪者の更生をめぐっても関心を寄せてきた。薬物依存とともに性犯罪をめぐっても今、再犯防止をめぐって大きな動きが出始めている。  事件は刑の確定で終わるのでなく、そこからどう更生させ、社会の側が対策を講じていくかが大事な問題だ。  ナオキの事件も悲惨な犯罪で、被害を受けた女性の中には、犯人が二度と社会に戻ってこれないようにしてほしいと訴えた人もいた。その女性たちの生涯にわたる心の傷を思うと胸が痛む。その悲惨な事件について改めて思いを馳せ、処罰や更生とはどういうことなのか考えるためにも、今回、2016年に書かれたナオキの手記を再掲載することにした。 (篠田博之)

【関連記事】

最終更新: