Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【速報】松山英樹は最終日ダブルボギーでスタート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇メジャー第1戦◇全米オープン 最終日(20日)◇ウィングドフットGC(ニューヨーク州)◇7477yd(パー70) 【画像】不思議なトンネルから出てきましたが宇宙人ではありません 日本人男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹の18ホールがスタートした。首位と5打差の通算イーブンパー4位から、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)とともに最終組の1組前でティオフ。出だし1番をダブルボギーとしてスタートした。 1組前を回るハリス・イングリッシュの1番のティショットがラフに入って見つからず、ロストボールとなって打ち直しに。予定より4分ほど遅れてのスタートとなる中、1Wショットは左ラフ。深い左ラフから7Iでのセカンドショットをグリーン手前まで運び、残り52ydのアプローチは傾斜で戻って20mほどのパーパットを残した。2.5mのボギーパットも右に外れ、3オン3パットのダブルボギーとなった。 通算5アンダー単独首位のマシュー・ウルフは通算3アンダー2位のブライソン・デシャンボーとの最終組。 7年ぶりにメジャーの決勝ラウンドに臨んだ石川遼は前半を2バーディ、3ボギー1ダブルボギーと3つ落として折り返し、2ホールを残して通算17オーバー。 今平周吾はバックナインで3つのダブルボギーをたたくなど2バーディ、6ボギー4ダブルボギーの「82」と崩れ、通算25オーバーで初めて4日間を戦ったメジャーを終えた。

【関連記事】