Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Ridgelinez・PwC対談--日本企業らしい顧客起点の変革の実現に向けて

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ZDNet Japan

 今回は、日本企業における変革の成功要因について、2020年4月に事業スタートを切った、富士通グループのデジタルトランスフォーメーション(DX)新会社であるRidgelinez(リッジラインズ)のCustomer Experience Unit プリンシパルの平山将氏を招き、PwC武藤隆是氏(以下敬称略)と、デジタルシフトや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による不確実性が一層高まる状況下における消費者の価値変容や企業変革のあり方について議論する。 RidgelinezとCX Unitのミッション 武藤:まずは、DX企業への変革を掲げている富士通が肝いりで設立したRidgelinezというDXに特化した新会社のミッションについてお聞かせください。 平山:私たちの社名は「稜線(Ridgeline)」に由来しています。険しく急な変革の稜線をお客さまと共に登り抜き、日本企業ならではの新しい未来を創り出すことが使命です。「Transformation Line」と呼んでいるブランドグラフィックには日本古来より用いられている白銀比をベースに、現在から未来への道筋を示しています。 武藤:「日本企業」という文脈が戦略で語られていますが、それは一般的なDX推進におけるコンサルティングと、どういった違いが出てくるのでしょうか。また、その中で改めてCustomer Experience(CX)という組織を立ち上げた想いなどを教えてください。 平山:「Strategy×Design×Technology」の融合により、戦略立案からITでの実装まで一貫性を持ってワンストップでご支援できるのが強みです。そのために、Ridgelinezには3種類の違った役割を持つコンサルタントが在籍しています。変革の戦略的ターゲットを描く「Industry DX Strategy Consultant」、領域別の専門性により課題の具体的なソリューションを描く「DX Competency Consultant」、実装のデザインとアジャイルでのプロトタイピングを行う「DX Technology Consultant」です。これらのビジネスの全てにおいて、私たちが最も大切にしているのは、「人」起点へのビジネスシフトです。ビジネスの起点を人に置き、CXによる価値の向上に注力すべきだと考えています。

【関連記事】