Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

児嶋一哉、『半沢直樹』出演「親孝行に」 特殊な役作り明かす「実は手探り」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マイナビニュース

出演の喜びと重圧「いろんな感情が湧きました」

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉が、回を重ねるごとに盛り上がりを見せているTBS系日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜21:00~)への出演で、俳優としてますます注目を集めている。 【写真】「手探り」とは思えない表情を見せる児嶋一哉(全12枚) 13日に放送された第8話は平均世帯視聴率25.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、番組最高を更新した『半沢直樹』。帝国航空の経営再建をめぐり、半沢直樹(堺雅人)が国家権力という巨大な敵との戦いを繰り広げている。 児嶋が演じているのは、国土交通大臣・白井亜希子(江口のりこ)の秘書・笠松茂樹。ここまではまだ登場シーンが少ないが、終盤のキーマンだと言われている。きょう20日放送の第9話、そして来週の最終回での活躍に期待がかかるが、このたび児嶋に、『半沢直樹』という超話題作への挑戦について話を聞いた。 出演が決定した時の心境を聞くと、児嶋は「びっくりしました。『半沢直樹』は大好きで前作も全部見ていましたし、告知で続編があるのもわかっていたので、うれしかったです。でも、やっぱりプレッシャーは感じましたし、いろいろな感情が湧きましたね」と告白。 「絶対に親孝行になる」という思いもあったそうで、「とにかくおふくろが喜ぶんですよ。バラエティじゃ喜んでくれなくて(笑)。昔の人なので、ふざけているよりも、ドラマや映画の方が喜んでくれる。しかも『半沢直樹』ですから、これは親孝行になるなって」と話し、「ただ、どれぐらいセリフあるんだろうとか、どんな役かなとか、不安と期待ですね」と付け加えた。 ■笠松役は手探り「とりあえず真剣な顔を」 児嶋演じる笠松は、まだ登場シーンは少ないものの、確かな存在感を発揮している。第7話では、白井から半沢の再建案について意見を求められ、「見事な再建案だと思います」と敵対する相手でありながら冷静に実力を認め、笠松の人柄が垣間見えた。 児嶋は「撮影に入った頃は、原作にはない役だったのでいいヤツなのか悪いヤツなのか、細かいことはわかりませんでした」と、自分の役でありながらも詳細は知らなかったと打ち明け、「どうとでも取れる顔をするしかないじゃないですか。目立たないような。でも深読みもできるような顔をするしかない。自分なりに『こうだろうな』という感じで、なんとなくチューニングしてやってみました。もし違ったら監督も言ってくれるだろうし。そんな感じだったんですよね(笑)。だから特殊ですよ」とぶっちゃけた。 話が進むにつれて笠松に対する印象に変化はあったものの、本当のことがなかなかわからない中での演技が続いたそうで、「なんとなく、あんまりよくない感じなのかなと自分では最初思っていたけど。『あれ? どうも違うな』とか、『これでいいのか?』と思いながら、とりあえず真剣な顔をしておきました。実は手探りですけど、探っているとは見せないようにそれっぽく」と語った。

【関連記事】