Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石橋貴明&長谷川京子が衝撃のYouTuberデビュー 大物芸能人のチャンネル開設に新展開?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 有名タレントのYouTuberデビューが相次いでいる2020年、新たなチャンネルをピックアップするとともに、その方向性や内容を検証する本企画。この1週間前後は、大物タレントが続々とデビューした。人気俳優の神木隆之介や声優の浪川大輔、お笑いコンビのキャイ~ンなど注目のチャンネルが誕生するなか、なんと言っても目を引くのは石橋貴明と長谷川京子だ。今回は両チャンネルをピックアップしたい。 【写真】露出度高めの装いで料理の腕前を披露する、長谷川京子 ・石橋貴明「貴ちゃんねるず」 6月19日デビュー  お笑いコンビ・とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)の“大きい方”こと石橋貴明が、58歳にしてYouTubeデビュー。記念すべき1本目の動画では、気になるチャンネル開設までの経緯が明かされた。  かつて、とんねるずの冠番組『とんねるずのおかげでした』で演出を務めていたディレクターのマッコイ斉藤が、他番組の出演のために石橋が控えている楽屋を訪れるところから動画はスタート。二人は番組が終了して以来、2年ぶりの再会だ。斉藤が石橋に「いま暇でしょ?」と尋ねると「暇だね」とあっさり認めた。  さらに斉藤が「YouTubeやりません?」と提案。最初は石橋も「マッコイとはもうバカなことはやらないの(笑)」「YouTubeとかわからないから……」とあまり乗り気ではかったが、斉藤が「貴さんのYouTubeも野球の開幕と合わせてどうですか?」と念押し。  その言葉が野球好きの石橋に響いたのか「無観客試合を観に行きたい!」「1人プロ野球ニュースとかやりたい」「今週の杉谷(拳士)とか」など、俄然やる気を見せた。  22日には、2本目の動画を公開。宣言通り、無観客試合が開催されている明治神宮野球場に訪れた。しかし、その日はあいにくの土砂降り。斉藤が「中止だと思いますよ」と何度も言うが、どうしてもあきらめない石橋。そこから日本青年館のホテル9階にあるレストランへ移動し、なんとか窓から試合を観ることに成功!  試合に夢中になっているところへ「そろそろお時間が……」という店員の声が。どうやら、他の予約が詰まっているようだ。最後は、不完全燃焼の石橋が斉藤に悪態をつき、一人でエレベーターに乗って帰ってしまうという予想外の展開に。  これらのやりとりに、ファンからは「みなさんのおかげでしたが戻ってきたみたい」と歓喜の声が聞かれる。冠番組が終了して以来、テレビへの露出が減った石橋だが、YouTubeのチャンネル登録者数はすでに30万人以上、初回動画への高評価も6万を超えた。どうやらファンは彼の登場を待ち焦がれていたようだ。これからの石橋旋風を楽しみにしよう。 ・長谷川京子「Kyoko Hasegawa 長谷川京子」6月21日デビュー  モデル・女優の長谷川京子も21日、自身のInstagramでYouTubeデビューを発表。最近はトレーニングをするのが日常になっているという彼女。初回の動画では、トレーニング後、手軽にたんぱく質を摂取できるメニューとして「トメカジキのレモンソースバター掛け」と「アボカドのサラダ」のレシピを紹介した。  動画では、初披露となるおしゃれな自宅キッチンで、手際よく調理をこなす貴重な姿を見ることができる。今後は、ワークアウトやファッション、プライベートも配信していく予定だという。概要欄にはレシピも公開されているので、彼女のような美ボディを目指す方は参考にしてみては? ・大物タレントのYouTubeデビューが止まらない!  この1週間で各業界から大物タレントのYouTubeデビューが次々と発表された。特に石橋貴明は、人気番組の名物ディレクターとのコンビ復活ということもあって注目を集めている。今後の動画は、野球を中心としたかなりニッチな内容となりそうだ。一方の長谷川は、大物女優の日常を知れるという面で、万人が気になる内容となるだろう。  コロナ禍による活動の制限が、芸能人YouTuberの誕生を加速していた面は間違いなくある。しかし、テレビを含め、仕事が徐々に再開されているなかで、大物芸能人のチャンネル開設が相次ぐというのは、新しい流れのように見える。すでに一過性のブームには収まらなくなっており、芸能界に影響力を持つ大物が次々とチャンネルを持つことで、テレビでは見られない企画やコラボが実現していくことに期待したいところだ。

稲垣恵美

【関連記事】