Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「一体型パソコン」おすすめ3選 Windows搭載モデルからピックアップ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Fav-Log by ITmedia

 自宅用の据え置きパソコンとして一定の人気があるのが、ディスプレイ一体型のパソコン(オールインワンパソコン)です。  ノートパソコンよりも大きな液晶ディスプレイを備えており、一般的なデスクトップパソコンよりも省スペースでスマートに設置できることから、リビングの家族用パソコンなどに使われる機会が多いようです。  薄型でディスプレイが一体という特性のため、デスクトップパソコンのようなハイエンド構成を採用するモデルはほとんどありませんが、エントリーからミドルクラス帯では、幅広い価格・スペックの製品がそろっています。  2020年8月末時点で購入できる、Windows搭載モデルからおすすめ製品をピックアップしました。

一体型パソコン選び:ディスプレイサイズをチェック

 一体型パソコンとノートパソコンの大きな違いのひとつに、ディスプレイの大きさが挙げられます。  ノートパソコンがおおむね11~17型のディスプレイを搭載するのに対し、一体型パソコンの画面は約20~30型前後。持ち運びは難しくなりますが、据え置きでノートパソコンを使うよりも大きな画面で作業が可能です。  中でも主流は、23.8型と27型前後というサイズ。解像度はほとんどの製品でフルHD(1920×1080ピクセル)を採用しています。作業性に関してはどちらのサイズも問題なく、使用感は好みもあるので選択が難しいところですが、設置スペースのことを考えた場合、むしろ本体サイズとスタンドの有無が気になってくるかもしれません。  一体型パソコンはディスプレイのベゼル(額縁)部分をそのままスタンドとして使用する製品、ディスプレイ部分に専用のスタンドを取り付けた製品の2パターンがあり、その形状によって設置面積が変わってきます。狭いデスクの上で使うような場合は、ディスプレイサイズが23.8型前後で、なおかつ細めのスタンド付きモデルを購入するのが無難と言えます。

一体型パソコン選び:搭載プロセッサをチェック

 一体型パソコンの多くは、基本スペックが同価格帯の一般的なノートパソコンとそれほど変わりません。ディスプレイとの一体型である都合上、プロセッサはノート向けのモデルが使われています。  デスクトップパソコンと比べれば物足りないと思われる人も多いでしょうが、近年はノートパソコンの性能も向上しているため、メールやインターネット、Office文書の作成や編集などのライトな用途なら、あまり問題にはならないでしょう。あくまで快適さにこだわるのであれば、「Core i5」あるいは「Core i7」以上のプロセッサを搭載したモデルがベターです。

【関連記事】