Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4人に1人が「貯金100万円未満」の現実…資産づくりは必要だけど不安?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

資産づくりを投資信託で始めるときに注意すべきこと

まず、自分で金融商品(株や債券など)を選ぶことは敷居が高いと感じている人が多いと思います。その場合、多くの人は投資信託という「プロに運用を任せる商品」を購入することを考えるでしょう。その際に意識しておく必要のあることが2つあります。  (1)手数料 一般的に投資信託の手数料には、購入時に販売会社へ支払う購入手数料、投資信託の運用中に差し引かれる信託報酬、監査報酬、売買委託手数料などがあります。また、換金時に信託財産留保額が発生する場合もあります。 しかし最近ではネット証券を中心に、投資信託の販売手数料無料化が進んでいます(販売手数料がかからないものを「ノーロード」と言います)。購入を検討する際には、販売手数料がゼロのもの、また信託報酬などが低い投資信託を探しましょう。  (2)税金 投資信託から得られる利益は、分配金、譲渡益、償還差益といったものがありますが、現在の税制では利益に20.315%の税金がかかります。たとえば1万円利益があっても約20%の税金が引かれると約8000円というように、かなりのインパクトがあります。そのため、非課税枠が提供されているNISAとiDeCoの利用を検討するといいでしょう。 NISAとは2014年1月から開始された少額投資非課税制度。年間一定額の株式や投資信託等に投資した場合の利益が非課税になります。年間120万円までの投資が最長で5年間非課税になる「一般NISA」と、最長20年間・年間40万円までの積立投資が非課税になる「つみたてNISA」があります。 一方、iDeCoとは基本的に20歳から60歳の人が加入対象となる個人型確定拠出年金のこと。自分で設定した掛金額※を拠出して積み立てていき、定期預金や保険、投資信託などの運用商品を自分で選んで運用し、掛金とその運用益との合計額を私的年金の給付として受け取るものです。 このiDeCoには3つの節税効果があります。1つ目は掛金が全額所得控除の対象になること、2つ目は運用益も非課税で再投資できること、そして3つ目は受取時にも控除の対象となることです。iDeCoは年金として受け取る場合は公的年金等控除の対象に、また一時金の場合は退職所得控除の対象になります。 ※iDeCoの掛金は毎月5,000円から1,000円単位で設定できますが、職業ごとに上限額が決められていますので、詳しくはiDeCo公式サイトでご確認ください。

おわりに

経済の先行きが不安な昨今、老後の生活資金を不安に感じるのは無理もないことです。しかし、何もしなければお金は貯まっていきません。NISAやiDeCoなどの税制優遇を上手に利用して、資産づくりを始めることを考えてはいかがでしょうか。ただし、運用には元本割れのリスクがあることも念頭におき、じっくりと吟味してから始めるようにしてください。 【参考資料】「人生100年時代の“お金”に関する最新意識調査」(株式会社FPパートナー)

鈴木 拓人

【関連記事】

最終更新:
LIMO