Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

各SNSツールを駆使し圧勝 小池都知事の”オンライン選挙”を担当記者が総括

配信

FNNプライムオンライン

小池都知事 ”オンライン選挙”で圧勝

東京都内の新型コロナウイルス新規感染者数が増え続け感染の収束が見えない中、私たちの代表を選ぶ「選挙」は「新しい日常」のなかでどうあるべきなのか。 【画像】小池知事の愛犬「そうちゃん」 街頭演説なし、個人の選挙事務所なし、オンラインのみ、「当選確実」の速報が流れたあとも「バンザイ」なし、という異例の選挙戦を展開した小池知事。 もちろん、現職の二期目は強い、と言われる首長選だがそれでも366万票獲得というのは小池知事本人も「望外」と言ったほどだ。 その小池知事オンライン選挙とはどういうものだったのか、数字で振りかえると ・You Tube 84本:総視聴回数 11万6,000回 ・Twitter直張り4本:総再生回数 68万7,000回 ・フェースブック直張り 8本:25万回 ・Instagram3本:総再生回数 8万1,000回 合計:約 113万4千回 選挙期間中(6月18日から7月4日)のみで、この数字だった。 ちなみに小池知事は動画の再生回数だけでみると山本太郎候補や宇都宮健児候補に負けている。 その一方で小池知事のオンライン選挙には様々な工夫があった。特に興味深かったのはInstagram(以下、インスタ)、Twitter(以下、ツイッター)LINE、オンライン為書きだった。

インスタのフォロワー数は日本の女性政治家首位

まずはインスタだが、小池知事のフォロワー数は3月27日時点で22172人。日本の女性政治家では第1位となっていて2位は蓮舫氏、3位は今井絵理子だった。 選挙期間中はインスタライブを行いそのたびに1000人単位で登録者が増加、投票日には5万6000人を超え、7月18日現在では5万8000人となっている。 また、選対本部長を務めた都議会議員で地域政党・都民ファーストの会の代表、荒木千陽氏いわく、インスタライブはターゲットを若年層に「アットホームな雰囲気で見ている人との垣根を取り除こう」という狙いから自宅からの配信となったという。 海外の女性政治家ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相も行い、その親しみやすい感じが好評だったので、それらの事例も参考にしていたと思われる。 インスタライブのアットホームさから、小池知事のペットの犬「そうちゃん」に対して「見たい」というコメントが相次ぐと「そうちゃん」が急遽登場。すると、応援コメントが多く寄せられていた。 また、コメントのなかには「今までの選挙は一方的に演説しているだけのイメージだったが、知事が質問に答えてくださったことをとても身近に感じた」などの好意的なものが多かったという。 「密です!」と手をまえに出して報道陣にソーシャルディスタンスを促す姿や、記者会見での厳しい口調とのギャップが大きかったのだろう。

【関連記事】