Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新聞は読むものから聞くものに?ニューヨーク・タイムズのポッドキャスト企業買収に見るニュースメディアの未来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

衰退する世界の新聞業界、読者の平均年齢は60歳?

「新聞業界の衰退」は日本だけでなく世界的なトレンド。ミレニアル世代などの若い世代は新聞を読まなくなっている。これは新聞読者の平均年齢を見れば一目瞭然だ。 英国のメディアマーケティング会社InterMediaのまとめによると、英紙The Independent(紙版)の平均年齢は43歳。これが主要各紙の中で最も若い年齢となったのだ。The Independent系列の朝刊紙「i」の平均年齢は50歳。The Daily Telegraphに至っては、読者の平均年齢は61歳に達するという。 これは英国の数字だが、少子高齢化が進む国では概ね同様の傾向と考えられるだろう。 こうした状況を見る上で注意すべきは、新聞離れが必ずしもニュース離れとイコールではないということ。 以前にお伝えした通り、世界各地の若い世代の間ではニュース需要が高まっている。世界経済フォーラムの委託でニールセンが世界6カ国(米、英、独、印、中、韓)・9100人以上を対象に実施したデジタルメディア消費調査で、全体の53%が今後有料ニュースサービスの利用を検討していると回答したのだ。 また6カ国中、米、英、独の3カ国では、16~34歳の層における有料ニュースサービス利用検討割合が、55歳以上の層に比べ2倍多いことも明らかになった。 フェイクニュースが蔓延するソーシャルメディアに嫌気がさし、信頼できるニュースメディアの価値を見直す人が増えていることを示唆する数字だ。このニールセンの調査が実施されたのは2019年10~11月。コロナ禍で、信頼できるニュースメディアに対する需要は一層高まっていることが考えられる。 こうした数字を見ると「(新聞メディア)が若い世代を取り込むには、デジタルシフトが必要だ」という考えに至るはず。新聞や雑誌など記事ベースのニュースメディアにとって「デジタルシフト」とは多くの場合、記事のオンライン配信ということになるだろう。 オンライン配信することで、一部の若い読者を獲得することはできるかもしれないが、すでにオンライン配信しているニュースメディアは多数あり、ロイヤルな読者を獲得するのは困難かもしれない。若い世代のニュースメディア需要を最大限に取り込むには、もう一歩踏み込んだ施策が必要になりそうだ。

【関連記事】