Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「難民は犯罪者だ」通りに響く怒声  右派台頭の町、刺殺事件が住民引き裂く ベルリンの壁崩壊30年(3)

配信

47NEWS

 殺人犯は難民だった。2018年8月、ドイツ東部の都市ケムニッツ。未明のビル街でドイツ人男性(35)が刺殺され、23歳のシリア人の男が捕まった。ドイツに近年、大量に流入した難民の1人だった。右派や愛国団体は憤り、事件後も市内をデモ行進して気勢を上げる。「難民は犯罪者だ」。ベルリンの壁崩壊から約30年。現地では難民敵視の声が響いていた。(共同通信=森岡隆)  ▽統一の恩恵から取り残され  ドイツ国旗が揺れ、シュプレヒコールが上がる。「外国人は出て行け」。約600人の男女がケムニッツの目抜き通りに広がって行進する。未成年から高齢者まで多くが一般の人々だ。ケムニッツは人口25万の工業都市で、かつて社会主義国の東ドイツに属していた。  「この国は外国人であふれている。ドイツ人は流入に立ち向かえ」。デモの先頭を進む女性教諭ウータ・ニュルンベルガーさん(45)が訴える。東ドイツ出身で、ベルリンの壁が崩壊した1989年、街頭デモに加わった。この年、東ドイツでは民主化を求める大規模デモが繰り広げられ、壁崩壊の原動力となった。90年には東ドイツが消滅し、統一ドイツが誕生。「ついに自由を手に入れた。高揚感で満ちていた」

 しかし、もろい東の経済は西の資本主義との競争にさらされ、東では企業閉鎖と人員整理の嵐が吹いた。西との経済格差は今も埋まらず、東では統一の恩恵から取り残されたとの思いが渦巻く。  ▽攻撃の矛先、移民にも  そこに現れたのが大量の難民だった。メルケル首相は2015年、内戦を逃れたシリアなどからの人々の受け入れを決断し、数年のうちに100万人以上が流入した。多くは若い男性で、ケムニッツをはじめ国内各地の施設などで暮らす。  ケムニッツがあるザクセン州ではシリア人が2万人を超え、最大の外国人グループとなった。州警察が捜査したシリア人容疑者は大量流入前の14年に900人だったが、16年には8倍に。ケムニッツでも人口の1割近くを外国人が占める。  ニュルンベルガーさんは「市民殺害などあってはならない。ドイツがこんな国になると想像もつかなかった」と話す。  18年の刺殺事件の反応はすぐに現れた。犠牲者のドイツ人男性は悲劇の象徴となり、国内各地から難民排斥を掲げる右派勢力がケムニッツに押し寄せた。左派も集まり、双方の1万人以上が対立して複数の負傷者が出る騒ぎに発展した。ケムニッツのドイツ人極右グループは事件に反発し、首都ベルリンで殺傷事件を企て逮捕された。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS