Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<ライブレポート>androp内澤崇仁、弾き語り配信ライブで「この時間だからこそ届けたい音楽」届ける

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Billboard JAPAN

 andropのフロントマン、内澤崇仁が6月12日、弾き語り配信ライブ【Takahito Uchisawa 「U」 ~Bedtime Stories Vol.2~】を開催した。  新型コロナウイルスによる影響でいまだ先行きが見えない状況が続くなか、“不安な日々を送っているあなたに寄り添い、少しでも元気になってもらえるように”という内澤の思いを込めた同企画。5月30日に開催された第1回目のセルフカバー楽曲やピアノでの弾き語りなどが反響を呼び、このたび第2回目が実現した。6月12日は本来ならば【androp one-man live tour 2020】の初日の東京公演が行われる予定だった。  綺麗な音色のアルペジオから始まった1曲目「Koi」を披露し、演奏が終わると「こんばんは、内澤崇仁です」と挨拶。そして、前回の配信でイベント名を「Bedside Stories」と間違え続けていたことを告白しつつ、イベントが好評だったことに嬉しそうに感謝を述べ、「この時間だからこそ届けたい音楽、色々思い浮かんでます」と意気込み、弾き語りでは初となる「Blanco」を披露。優し気な音色でゆったりとリスナーの耳を満たした。  続いてアコギをエレキに持ち替え、同じく弾き語り初の「HoshiDenwa」を披露。歌い終わると「やっぱりバンドでやりたいな」と本音を漏らしながら、自身の好きな曲だというヒトリエ「フユノ」のカバーへ。内澤の美しい裏声が画面越しにも響いてきた。  中盤のMCでは、「Bedtime Stories」というイベント名になぞらえ、おとぎ話が昔好きだったというエピソードを語った。また、なかなかライブなどができない現状についても「きっと気づけたこと、分かったこと、きっとあったと思います。僕もあります。」と述べ、自身の音楽に出会ってくれたファンに感謝を伝えると、上白石萌音に楽曲提供した「ストーリーボード」のセルフカバーを披露した。  演奏が終わると、ギターに囲まれて演奏してる様子を紹介。さらに、andropを始める少し前、内澤に歌を教えてくれた、2009年に他界した恩師についてのエピソードを明かした。毎年行っているお墓参りだが、最近お墓に彫ってある年齢が今の自分と同じ年齢であることに気づき、今の自分と同じ年齢で亡くなっていたんだと気づいたら涙を流していたという。その恩師が亡くなった時に書いたという「Missing」は、彼女のことを想いながら歌う内澤の表情が目に浮かぶ1曲だった。そのまま「最近泣いたあなたへ」と一言添えて「Rainbows」を、さらに演奏をピアノにチェンジして「Songs」を熱唱。  ラストパートでは、【androp one-man live tour 2020】の中止について苦心の想いと、「また大切な場所で音楽を心から楽しめる日が来たら、心から一緒に楽しみましょう。場所は僕たちが提示していきます」と明るい想いを語った。そして、いつも応援してくれているファンに感謝を込めて「Home」をパフォーマンス。まさしくandropとファンの強い関係性が感じることができた1曲だ。  日付が変わり、内澤はアンコールで「風と星」をプレゼント。1月に公開された映画『サヨナラまでの30分』の劇中歌のセルフカバーで、伸び伸びとした歌声を響かせながら【Takahito Uchisawa 「U」 ~Bedtime Stories Vol.2~】を締めくくった。 ◎配信情報 【Takahito Uchisawa 「U」 ~Bedtime Stories Vol.2~】 2020年6月12日 生配信 <セットリスト> 1. Koi 2. Blanco 3. HoshiDenwa 4. フユノ(ヒトリエのカバー) 5. ストーリーボード(セルフカバー) 6. Missing 7. Rainbows 8. Songs 9. Home EN 10. 風と星(セルフカバー)

【関連記事】