Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

草なぎ剛、トランスジェンダーの役で新境地開拓「世界に羽ばたいて行きます」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

映画「ミッドナイトスワン」の予告編お披露目イベントが9月10日に都内で行われ、主演の草なぎ剛をはじめ、服部樹咲、真飛聖、内田英治監督が登壇。9月25日(金)の公開日に合わせた本作の予告編がスクリーンに映し出され、世界最長となる925秒の予告動画が公開された。 【写真を見る】女優デビューを果たした服部樹咲の純白ワンピース姿 本作は、トランスジェンダーの主人公・凪沙(草なぎ)と親の愛情を知らずに育ったバレエダンサーを夢見る少女・一果(服部)の切ないラブストーリー。 一果との心の交流を通して彼女の母親になることを願った凪沙が、疑似的な親子としての愛を築いていく。 今回初公開された予告動画について、草なぎは「多くの方に見てほしい。世界で一番長い予告動画を作るというのは素晴らしい挑戦。やっぱり今の時代は思い切っていかないといけない。ミッドナイトスワンで世界に羽ばたいて行きますから」とユーモアを交えて答えると、トランスジェンダーという難しい役どころについて「スタッフの皆さんもそうですが、特に樹咲ちゃんに助けられました。 演技が初めてだったにもかかわらず、彼女がカメラ前に立つと役の一果にしか見えなくて。だから、あまり考えて演じるんじゃなくて樹咲ちゃんの目を見て演技しようと思ったらできました。今までで一番無意識の状態で演技できましたね」と回顧した。 一方、女優デビューとなった服部は「監督から『自然な感じであまり演技し過ぎないようにしてほしい』とアドバイスを頂いたので、ありのままの姿を出すように頑張りました」と撮影前に受けた演技指導を明かす。 続けて「バレエは言葉がないから体や上半身で伝えなくてはいけないんですけど、普通の演技はカメラがすごく近くに寄ってきて表情を撮られるので難しかった」と撮影を振り返った。 また、演出を手掛けた内田監督は、スタッフが一果派と凪沙派に別れていたことを語る。 「編集の時に凪沙のシーンをカットすると凪沙派のスタッフが『何でカットするんですか』と詰め寄るんです。撮影現場でもあんなにスタッフの涙を見る現場は初めてでした。2人の演技への感情移入が半端なかったですね」と明かした。 最後に、草なぎは「この作品の素晴らしさに触れてほしいし、無事に公開できてうれしかった。皆さまの一言がこの次につながると思いますので、僕らにも周りの人にも感想を伝えて下さい」と締めくくった。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=永田正雄)

【関連記事】