Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔東京株式〕軟化=買い材料なく利食い優勢(1日後場寄り付き)

配信

時事通信

 【第1部】日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに軟化している。米国株高を午前の取引開始直後に消化した後は、買い手掛かり材料が見当たらない状況。上値の重さが目立つ中で為替相場も円高方向に振れ始めたため、利益確定売りが優勢となっている。  トヨタが下落し、キヤノン、ファナックも軟調。ファーストリテが小甘く、NTTドコモは売り物がちで、ZHDが下押している。三菱UFJ、三井住友や東京海上はさえない。武田が大幅安。任天堂は値を消している。半面、ソフトバンクGが高い。東エレク、アドバンテス、レーザーテックが値を保ち、ソニーも底堅い。日本通信はしっかり。

【関連記事】