Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉野家の新メニュー「肉だく牛カレー」和だしにスパイス×牛肉がいい感じ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

牛丼チェーンの「吉野家」(本社:東京都中央区)は、8月6日より「肉だく牛カレー」を新発売。 【写真】こちらも人気、吉野家・スタミナ超特盛丼 「肉だく牛カレー」は、吉野家の秘伝のタレで煮込んだ牛肉をご飯にのせ、その横にルゥをたっぷりとかけたボリュームたっぷりの一品。カレーは1年4カ月ぶりにリニューアルしたとのこと。 カレーのルゥは、牛丼の具とより調和するように味わいを刷新。かつおだしや醤油を使った和風だしと、クミンやカルダモン、クローブなど14種類のスパイスが調和したサラサラタイプで、カレーだけでも牛肉と合わせてもそれぞれに旨さを発揮する。 SNSでは「この玉ねぎの煮込み具合は私のストライクゾーンです」「牛肉はいつものお味で、うまく調和されている感じです」「納豆をトッピングして食べたい」などの声が。もっと牛肉を堪能したい! という場合は「牛小鉢」(167円・税別)を追加注文し、トッピングするという手もある。 「肉だく牛カレー」並盛598円、大盛り648円(税別)。テイクアウトも同価格。全国の「吉野家」(一部店舗を除く)で販売。 文/早見真実

【関連記事】