Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、モデルデビューを果たした16歳当時の写真を公開!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは、今でこそファッション&ビューティ界でもっとも顔がよく知られているモデルの一人だが、モデルはみなそうであるように、彼女にもスタート地点はあった。 【写真】あの人気モデル25人は、こうして発掘された! 発掘ストーリーを振り返る ロックダウン中に昔の写真をシェアしている人は多いが、ホワイトリーもモデルとしてのキャリア初期をノスタルジックに振り返り、初めて仕事した時のポラロイドを投稿。 写真は、16歳で「Model Management」と契約したときのもの 。

「偶然、これを見つけたわ。2003年にロンドンで最初に所属したエージェンシーで撮った初めてのポラロイド」と、インスタグラムのストーリーに投稿。 「特別な思い出がたくさん蘇ってくる」 最初のエージェンシーと契約するとすぐに、彼女はナオミ・キャンベルと並んでランウェイを歩くという大役でデビュー。2006年にはヴィクトリズ・シークレットと契約、エンジェルの一員になった。 ホワイトリーは以前、BAZAAR.comに「私は16歳の頃から毎日働いてきた。どんな時もプロフェッショナルであろうとしているわ。本当にキャリアに自分を捧げてきた。そう、私は固く決心している。ずっと仕事を続けたかったら、そうせざるを得ない。与えられるものではないわ」と、語っていた。

彼女は2010年から俳優のジェイソン・ステイサムと交際を開始し 、6年後に結婚。2017年には第一子のジャックが誕生した。 ホワイトリーはBAZAAR.comに、子育てについて個人的な経験を明かした。「子供を持つ準備はちゃんとできていると思っていたけど、それでもつまずくわ」 「子育てとは、人間が持つあらゆる感情が、すごいレベルに高められて、それらすべてが一緒くたになったようなもの。私はまったく鬱にはならなかったけど、この18カ月間に、何でもうまく行って最高の気分だった時もあれば、スケジュールが立て込んでいて手に負えない気分になることもあって、それが不安神経症の原因になりかねないのだと思う」と、告白していた。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR UK

【関連記事】