Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人・岡本和真が「落合流」遅球打ちを3日連続実践 下半身使って「待ち」から一気に「攻め」へ

配信

中日スポーツ

 巨人の岡本和真内野手(23)が16日、ジャイアンツ球場で自主練習し、休養日を挟んで3日連続でスローボールを打ち込んだ。  遅球打ちは三冠王に3度輝いた元中日監督の落合博満さんが現役時代にしていたことで知られる練習方法だ。報道陣は取材自粛期間のため岡本は広報を通じ「『待ち』の状態から今度は一気に『攻め』(打ち)に出られるようにしていく」とコメントした。  スローボールを打つにはしっかりと間合いをとり、下半身を使ったスイングができなければ力強い打球にはならない。14日には「バッティング投手のボールを打った際に、慌てて打ちにいってしまう感じがあったので。だいぶ『待つ』感じが出てきました」と意図を説明している。時間があるからこそ納得いくまで自分の打撃を追い求めている。  昨季は2年連続で30本塁打をマークするなど名実ともに巨人の4番に成長した。原監督もキャンプ中に「自分で背負うという強い覚悟は感じる」と評するなど期待は大きい。先行きは不透明だが、着実にレベルアップしてそのときを待つ。

【関連記事】