Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

井ノ原快彦の“人柄”で生まれた“新しい父親像”「芝居をしている感じがまったくしない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 人気グループ・V6の井ノ原快彦と関西ジャニーズJr.の道枝駿佑が、親子役として初共演する映画『461個のおべんとう』(11月6日公開)。メガホンをとった兼重淳監督が「俳優・井ノ原快彦の“真骨頂”をたくさんの方に見ていただきたいです」と語るように、本作で見せた井ノ原の“新しい父親像”に迫る。 【動画】井ノ原×道枝が歌う主題歌入り予告が解禁  本作は渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を、『461個のおべんとう』として映画化。妻と別れ、息子である虹輝と2人で暮らすことになった一樹。虹輝の要望で毎日お弁当を作ることになり、親子は大切な約束を交わす。高校3年間、『お弁当を作る』『休まずに学校へ行く』――。2人は親子の絆を、お弁当を通して紡いでいく。  兼重監督は「なんであんなに良い人なんだろう(笑)。井ノ原さんの人柄に引っ張られて、ポジティブな一樹になりました」と井ノ原が持つ人の良さが、登場人物のキャラクターに反映されたという。ベテランの撮影スタッフも「芝居をしている感じがまったくしない」と、役柄と井ノ原の親和性が高く、普段と変わらない姿で渡辺もほほえんだことを明かした。  井ノ原の細やかな役作りは、衣装にも反映されている。一般的な撮影では、どのシーンで何を着るか、あらかじめ決めておくことが多い。今回は、井ノ原とスタッフが綿密に話し合い、撮影当日に決定したこともあったという。スタッフとの積極的なコミュニケーションが、リラックスした一樹の雰囲気を作り出していった。息子を思う父、ミュージシャン、恋する男と、いろいろな顔を見せながらも、どこか肩の力が抜けた等身大の父親像は、井ノ原だからこそ生み出せたものだろう。  新たに解禁された場面写真は、自分に自信が持てず思い悩む虹輝に「大丈夫。全部うまくいくよ」と優しくお弁当を渡すシーン。すれ違う親子がお弁当を通して仲を深める場面で、息子の成長をそっと後押しする一樹の姿を映し出している。

【関連記事】