Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今週末J1再開 エスパルスが目指す新しいサッカーとは…

配信

静岡朝日テレビ

 プロ野球や女子ゴルフなど、さまざまなスポーツが動き始めました。先週、サッカーもJ2リーグが再開、J3が開幕。今週末には、いよいよJ1リーグが再開します。

クラモフスキー新監督 攻撃サッカー目指す

J1清水エスパルス クラモフスキー監督:「攻撃的でアグレッシブ、速いサッカーを目指す。サポーターたちがワクワクして、クラブを誇りに思えるようなプレーに期待して欲しい」

 今年のエスパルスはクラモフスキー新監督が就任し、新しいサッカースタイルに着手。2月に行われた開幕戦で、エスパルスは攻守に渡り積極的なプレーを披露。1対3と敗れたものの、優勝候補相手に魅力溢れるサッカーを見せてくれました。  しかし、2月25日、Jリーグは新型コロナウイルスの影響を考慮しリーグ戦の中断を決定。静岡県内の感染状況を考慮したエスパルスも、1カ月の活動中止を決断しました。

金子翔太選手「これほどまでに厳しいトレーニング環境なかった」

 今年キャプテンに就任した金子は、中断期間をこう振り返ります。 金子選手:「(エスパルスに)在籍して7年目だが、これほどまでに厳しいトレーニング環境はなかった」

 それでも、関東や大阪などに比べ、県内の新型コロナウイルスの感染状況は比較的穏やかで、5月中には全選手を4グループに分けた時間差のトレーニングを再開。6月1日には全体練習も開始しするなど、県外の他のクラブよりも多くの時間をトレーニングに費やすことができました。 金子選手:「J1リーグの全チームを見ても、ここまでスタイルを変革させているクラブはない。より完成度、熟練度の部分では、FC東京戦よりも確実に良くなっている」

 リーグ戦の中断期間、エスパルスは開幕戦で見せた新しいスタイルである「攻撃的サッカー」をさらに追求。パスワークで相手を翻弄し、常に主導権を握るサッカーに磨きをかけてきました。  さらに新加入の選手たちもチームにフィット。今シーズン10番を託されながら、けがで出遅れていたカルリーニョスが中断期間中に実戦デビュー。初ゴールを決めて見せるなど、能力の高さを示しています。 金子選手:「(新加入選手たちが)チームに良い影響を与えてくれている。(リーグ戦の中断は)すごくポジティブな期間だった」