Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メーガン妃が感じた「残酷な立場」 自分を守ってくれない英王室への胸の内を明かす

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

メーガン妃は、イギリス王室は妊娠中の自分もメディアから「守ってくれない」、さらに「自分自身を守ることも禁じている」と感じていたらしいことが、裁判文書から明らかになったとして『BBC』が報じた。 【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間 メーガン妃は2018年、父トーマス・マークルに充てて書いた手紙を『メール・オン・サンデー』と『デイリー・メール』が無断で掲載したとして、両紙と親会社のアソシエーテッド・ニューズペーパーズをプライバシーや著作権の侵害などで訴えている(被告側は原告の主張を否定)。 さらに、ヘンリー王子とメーガン妃は今年4月、イギリスのタブロイド紙と“絶交”すると宣言。夫妻の広報チームは、『サン』『デイリー・メール』『デイリー・エクスプレス』『デイリー・ミラー』4紙の編集長に宛てて手紙を送り、「協力も関与も一切しない」と伝えていた。

手紙のなかで夫妻は、「儲けるための釣り見出しと歪曲の報道に使われるつもりはない」と述べているほか、これら各紙の記事は「不合理に歪曲し、虚り、攻撃的である」と非難。また、「こうしたビジネスのやり方は実際に犠牲者を生み、社会の隅々にまで影響を与える」と主張している。 今年初めには王室の上位メンバーの地位を退き、現在はLAに住んでいる2人。次回の審理の日程は今のところ未定とのことだが、決着するのはまだ先になりそう。

From Harper’s BAZAAR UK

【関連記事】