Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

100切りゴルファー必見! プロが教える「アイアンショット」をダフらずしっかり当てるコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

せっかくティショットがうまく打てたのに、セカンドのアイアンショットが大ダフリ……これを繰り返していては、100切りは難しい。というわけで、100を切るためにアイアンショットで気を付けるべき点を、プロゴルファー・中村修に解説してもらった。

アイアンで重要なのは「飛ばそうとしない」こと

100切り達成のためには2打目以降で握ることになるアイアンショットも言わずもがな非常に重要だ。100切りを目標にするゴルファーならばアイアンスウィングの基本、たとえばスウィング軌道の最下点の手前でとらえるといったことや、ボールの位置はドライバーなどに比べると右足寄りになるといったことはある程度理解していることだろう。それでもトップやダフリなどのミスが頻発し、なかなかアイアンショットが安定しないという方は多いのではないだろうか。 アイアンが安定しない原因として「アイアンでも飛ばしを意識しすぎるアマチュアの方が多いんです」というのはプロゴルファー・中村修。 「ショートアイアンでもなるべく飛距離を出したい、という方は多いですが、飛距離は番手を上げればそのぶんだけ伸びますから、無理をして短い番手で飛ばす必要はないんです。飛距離を意識しすぎてスウィングが歪み、ミスにつながっているアマチュアの方はとても多いですよ」(中村、以下同) アイアンでもついつい飛ばしたくなるのはゴルファーのサガ。その気持ちはわかるけれども、100を切ろうと思えば、アイアン本来の役割である、正確に距離を刻み、落としどころをしっかりと狙うという基本を忘れてはいけないのだ。

アドレス時の体重配分「6:4」をキープしよう

この考えを前提とすれば、アドレスやスウィングで見直すべき点も出てくると中村は言う。まずは、7番アイアンを例に、正しいアドレスの取り方から順におさらいしてみよう。

「まずはボールを中心に、両足をそろえた状態で構えましょう。ボールに合わせてヘッドをソールし、そこから左足を靴1足ぶん、右足は肩幅と同じ程度の幅で開きます。ちょうど構えたときにヘッドが体の中心に位置し、そのすぐ左にボールがあるイメージです」 ダウンブローでインパクトするため、アドレス時に手元の位置がボールよりやや左側にあるハンドファーストな状態を作ろう。ハンドファーストの度合いの目安として「左腕とシャフトが一直線になるイメージを持つと良いでしょう」と中村。 さらに、安定したアイアンショットを打つために重要な点として、中村は「体重配分」を挙げた。 「アイアンスウィングの場合、体重配分は左6:右4。これをアドレス時に作り、スウィング中もできるだけキープする意識を持ちましょう。ダイナミックな体重移動はせずに、コンパクトに振るのがアイアンを安定させるコツです」 バックスウィングで右足に重心を移動させ、バックスウィングで左足へ乗せる、というように意識的に体重移動を作ってしまうと、むしろ余計な動きが生まれてミスショットにつながる。前述した通り、アイアンで無理やり飛距離を伸ばす必要はないので、体重移動は特段意識する必要はないのだ。

【関連記事】