Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

さんま、もらったマスクに1時間で穴を開ける「喋りにくい…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 明石家さんまが、9月15日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、俳優の犬飼貴丈からプレゼントされたマスクについて振り返った。  2人は、2月の舞台『七転抜刀!戸塚宿』で共演。新型コロナウイルスが国内で広がり始めた時期であり、客の姿に驚愕したという。 「1000人くらいの劇場がありがたいことに満杯だったけど、お客さん全員マスク着用。あんな客席、最初で最後やと思う。みんな口にマスクしてるから『給食センターか!』言うたら、ドッカーンとウケたね」  犬飼からグレーのマスクをもらい、「生まれて初めてのグレーだったから、『おかしくない?』と聞いて。着けたらヤンチャに見えた」と苦笑い。  だが、もらってわずか1時間後に穴を開けてしまう。 「喋りにくいと思って、穴開けて口が出るようにしたんや。そしたらすごい喋りやすくなった」  さらに、犬飼が着用していた防寒用のインナーにさんまはツッコミを入れたという。 「お前みたいな(イケメンが)パッチ履いたらあかんやろ。お年寄りのイメージやんか。以後人生でパッチ禁止な、とも言うたよ」  犬飼はさんまのアドバイスを守ったが、「舞台が終わってから風邪引きやすくなりましたね」と体調を崩したと明かしていた。  コロナ禍でピリピリしていた時期も、さんまは笑いを取り続けていたのだ。

【関連記事】