Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鈴鹿8耐:ホンダの記録破りの歴史(2):TT-F1技術の粋を集めたRVF750で歴代2位の4勝を挙げたワイン・ガードナー

配信

オートスポーツweb

 ホンダは世界でも有名な鈴鹿8時間耐久ロードレースで、ほかのどのマニュファクチャラーよりも勝利を飾っている。世界有数のオートバイレースのひとつである鈴鹿8耐は、1978年に第1回目の大会が開かれた。そのころホンダは11年間におよぶグランプリレース休場期間の終わりに差し掛かっていた。レースは1962年にホンダ創業者の本田宗一郎が建設した、鈴鹿サーキット国際レーシングコースで行われた。今回のコラム『ホンダの記録破りの歴史』では、時代ごとに活躍したホンダのマシンとライダーたちを紹介していく。 1991年鈴鹿8耐:ホンダRVF750 ■V型4気筒エンジン TT-F1時代:1984年~1993年 ■1984年優勝者:マイク・ボールドウィン/フレッド・マーケル(ホンダ・アメリカ:RS750R)  1984年の世界耐久選手権とTT-F1シリーズでは、エンジンが1000ccから750ccへ切り替えられた。ホンダの新車RS750Rは、VF750の水冷V型4気筒の市販車エンジンがベースだったが、HRCに初の鈴鹿8耐での優勝をもたらし、RS750のライダーたちは表彰台を独占した。  ホンダ・アメリカのライダーのボールドウィン/マーケル組は、ホンダ・フランスのガイ・ベルタン/ドミニク・サロン組に1周差をつけて優勝した。ジェラルド・クードレイ/パトリック・イゴア組からなるホンダ・フランスのふたつめのチームは、さらに2周差をつけられた。 ■1985年優勝者:ワイン・ガードナー/徳野政樹組(チームHRC:RVF750)  ホンダは1985年に伝説的なRVF750を発表した。RVFはEWC/TT-F1技術の最高峰だった。シャシー内のチューニングされたVF750エンジンは、グランプリレースにおけるホンダの経験から引き出されたものだ。  将来500ccクラス世界チャンピオンとなるガードナーとチームメイトの徳野政樹はライバルたちと熾烈な戦いを繰り広げ、ガードナーは最後の2時間の走行で、ホンダに勝利をもたらした。  ガードナーはホンダ・アメリカのボールドウィン/サロン組に1分17秒の差をつけてフィニッシュした。彼らのRVF750は、タイヤ交換を早めるために、シングルサイドスイングアームが取り付けられていた。 ■1986年優勝者:ワイン・ガードナー/ドミニク・サロン組(チームHRC:ホンダRVF750)  週末に27万人の観客が見守るなか、ガードナーはポールポジションを獲得した。レースでは誰も彼と新型の6段変速RVF750に追いつくことができなかった。6時間後には、ガードナーとサロンと同一周回にいるのは他の1チームだけになっていたのだ。最終的にガードナー/サロン組は2周差でチェッカーフラッグを受けた。2番目のホンダ勢は、モリワキCBX750に乗る八代俊二/宮城光組で、5位でフィニッシュしている。 ■RVF750で有終の美を飾ったワイン・ガードナー ■1989年優勝者:ドミニク・サロン/アレックス・ビエラ組(Beamsホンダ・ウィズ・イクザワ:RVF750)  ホンダの最新のRVF750は、1989年の鈴鹿8耐でも圧倒的優位に立ち、ポールポジションを獲得、ファステストラップを叩き出してトップ1-2を占めた。しかしながら、このレースでホンダにとってドラマがなかったわけではなかった。  チームHRCのRVFに乗るGPライダーのガードナー/マイケル・ドゥーハン組は優勝候補だった。ガードナーがポールポジションを獲得し、ドゥーハンがラップレコードの新記録を打ち立て、超高速のペースを出していた。オーストラリア出身のふたりは、あと3時間を残すところで、はるか前を走っていたが、ドゥーハンがバックマーカーともつれあい、激しくクラッシュしたのだ。  それによりサロン/ビエラ組が首位に立ち、2位の宮崎祥司/大島正組(チーム・ブルーフォックス:RV750)に1周差をつけてフィニッシュラインを超えた。 ■1991年優勝者:ワイン・ガードナー/マイケル・ドゥーハン組(チームHRC:RV750)  1989年と1990年にミスを犯してから、ようやくガードナー/ドゥーハン組は彼らの初勝利をともに飾った。ピットでは伝説的なホンダ・フランスの耐久レースクルーが彼らの面倒を見ていた。  またしてもふたりは超高速ペースを出しており、ケビン・マギー/ダグ・チャンドラー組と首位争いをしていた。終盤にマギーが厳しい状況に追い込まれたため、ガードナーとドゥーハンはマギーとチャンドラーを追い抜き、3周差をつけた。3位に入ったのは、クノールカップスープからRVF750に乗ったカール・フォガティ/スティーブ・ヒスロップ組だった。 ■1992年優勝者:ワイン・ガードナー/ダリル・ビーティ組(OKIホンダ:RVF750)  ガードナーはオートバイレースから引退する数カ月前に、鈴鹿8耐で4度目にして最後の優勝を飾った。1992年の鈴鹿8耐でガードナーのチームメイトを務めたのは新進気鋭のオーストラリア人であるビーティだった。  ふたりは優勝するために激しく戦ったが、チームHRCのライダーで同じくホンダRVF750に乗る伊藤真一/辻本聡組からプレッシャーをかけられていた。最後の30分でビーティが予定外のピットストップを行い、追い上げてきた伊藤が数秒以内に迫るのを許してしまった。しかし伊藤は他のマシンがこぼしたオイルに乗り転倒を喫した。  元500ccと250ccクラス世界王者フレディ・スペンサー/鶴田竜二組(ミスタードーナツ・オクムラ:RVF750)のすぐ前で、武石伸也/岩橋健一郎組(チーム・ブルーフォックス:RVF750)が3位につけて表彰台に上がった。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】