Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「I-LAND」パート2進出の6人が決定、パート1ラストに「08.14 BTS」の文字

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
音楽ナタリー

Big Hit EntertainmentとCJ ENMによるサバイバルオーディション番組「I-LAND」パート1の第6話が昨日7月31日(金)にABEMA SPECIALチャンネルで配信され、パート2に進む12人のうち6名が決定した。 【動画】I-LAND [COMING SOON] 08.14(FRI) BTS, Into the I-LAND 200731 EP.6(メディアギャラリー他7件) 「I-LAND」はBTSやTOMORROW X TOGETHERが所属する韓国の芸能プロダクション・Big Hit Entertainmentと、JO1やIZ*ONEら数多くの人気グループを輩出した「PRODUCE」シリーズで知られるCJ ENMがタッグを組み、次世代のK-POPアーティストを生み出すプロジェクト。パート1の第6話ではI-LANDERがオリジナル曲「I&credible」のパフォーマンスを行い、メンバー投票とプロデューサー陣の投票の結果、セオン、ジェボム、ウィジュ、ヨンビン、ギュンミン、ゴヌの6名が降格し、ヒスン、ジェイク、ジェイ、ジョンウォン、ケイ、ソンフンがパート2に進出することが明らかになった。 さらに第6話ではユンウォンがリタイアしたことも発表された。ファンコミュニケーションプラットフォーム・Weverseでは、リタイアしたユンウォンを除いた16人の中からパート2に進む残りの6人を選出するべく、世界中から票を投じることができるグローバル投票を受付中。投票は1日1回可能で、一度に6名分投票することができる。なお8月2日12:00までは1回の投票で3票として集計される。 「I-LAND」パート1第6話のラストには「08.14」の文字とともにBTSのロゴが登場。BTSがどのような形で番組に関わるのか、ARMY(BTSファンの呼称)は楽しみにしておこう。なお8月7日(金)23:00からは「I-LAND」のスペシャル版がABEMA SPECIALチャンネルで放送される予定。

【関連記事】