Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鹿島】FC東京と1カ月ぶりの再戦へ。永木亮太「特徴は分かっている」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

8月25日、鹿島アントラーズの永木亮太が練習後のオンライン取材に応じた。23日に行なわれたJ1リーグ第12節ガンバ大阪戦を最後に現役生活を終えた内田篤人への思いや、翌日に控える第26節FC東京戦について、口を開いた。 8月25日の練習後、オンライン取材に応じる永木亮太

内田が去った今「自分のできることをしっかりと」

「篤人くん(内田)がチームにもたらす影響はやはり大きくて…。突然のことだったので、自分も本当にビックリしてしまった。いきなり、ガンバ戦の次の日からいなくなる状況なので、まだ戸惑いがすごくあります…」  記者から、前節のG大阪戦を最後に現役から退いた内田篤人について聞かれ、永木亮太は開口一番にそう答えた。「永木亮太には、ビックリさせてやろうと思って(引退することを直前まで)言いませんでした」という内田の狙い通りになったようだが、永木は寂しさを拭いきれない様子だ。 「(試合出場)メンバーから外れたときの練習だったり、(試合に出た)スタメン組がリカバリーしているときの練習だったり、そういうときの篤人くんの存在は、普通の練習のときよりも特に大きくて。その練習には若手や、試合に絡めていない選手が多かったりするのですが、あの人がもたらす影響、かけてくれる声、練習を盛り上げる姿勢は、すごく大きなものでした。  試合中でも、試合以外のところでも、本当に篤人くんの存在は大きかったので、チームとして変化というのは多少出てくると思うけれど、前向きにやっていくしかないです」  内田がチームを去ったことで、永木ら1988年度生まれの世代は、フィールドプレーヤーでは85年度生まれの山本脩斗、レオ・シルバに次ぐ年長となった。同学年の遠藤康、伊藤翔とともに、チームをさらに引っ張っていく存在になることが求められるだろう。 「(内田と)同じことはできないけれど、これからは自分のできる限りのことをやっていきたい。それは自分のスタイルでいいと思うので。篤人くんのように(鹿島で3連覇を成し遂げたり、欧州で活躍したような)同じ背景はないわけですし。自分は、自分のできることをしっかりとやっていけたらと思います」  チームの大黒柱がいなくなったショックは、すぐに消えるものではない。永木のみならず、すべての選手にとっても同じことだろう。だが、すぐに次の試合はやってくる。26日には、G大阪戦から中2日で強豪FC東京とのアウェー戦に臨む。本来ならば11月に予定されていた第26節が、FC東京のAFCチャンピオンズリーグの日程により前倒しで開催されることになる。 「(7月26日に)対戦したばかりの相手なので、特徴などははっきり分かっています。このあいだはセットプレーで2失点してしまったので、それは反省点。(前回のFC東京戦以外にも)今年、すごくセットプレーでやられてしまっているので、それは集中してやっていかなければいけないところの一つです。FC東京は良いキッカーだったり、ターゲットになれる選手が多いので、注意しなければいけない。そのほかにもFC東京には頑張れる選手、球際に強い選手、フィジカルが強い選手がそろっているので、そこで負けていたら話にならない。まずは、そこをもっと強くいかなければいけません」  内田引退後の初戦。そんなときだからこそ、たくましい鹿島アントラーズの姿をファン・サポーター、そして内田篤人に見せるべく、永木は勝利を追い求める。

サッカーマガジン編集部

【関連記事】