Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

視覚障害者向け「声の地図」浸透 専用アプリ、普及目指す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 情報通信技術を活用し、視覚障害者らに音声で道順を知らせる地図づくりがじわり浸透している。各地のボランティアが専用アプリに投稿した経路は累計800件を超えた。普及活動を昨年始めた団体は、今年末までに全国1500件へ拡大することを目指している。  音声ガイドアプリ「ナビレコ」を主催するのは東京都内の一般社団法人「音声ナビネット」。ボランティアらが各地の経路を一つずつ投稿する仕組みだ。例えば「JR原宿駅から国立代々木競技場第一体育館まで」という経路では「原宿駅で降りたら表参道口に向かう」「改札を出たら左に曲がり駅を出る」と動作ごとに道案内する。

【関連記事】