Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元同級生のランチ女子会で亀裂 コロナ禍で分断された金銭感覚

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 新型コロナウイルス感染拡大で一変した社会・経済状況。その影響は身近な人間関係にもじわじわと迫ってきた。コロナ禍を経て友人関係が変化した一例をフリーライターの吉田みく氏が報告する。

 * * * 「滅多にないランチ会で“お金が厳しい”って言われて」──都内在住、広告代理店で働く池田美沙さん(仮名・31歳)は、そう不満を漏らした。池田さんは現在独身で恋人もいない。実家を出て一人暮らし。仕事一筋のキャリアウーマンである。

 池田さんは、大学時代の友人たちと定期的にランチ会を開催している。メンバーは、子育て中の専業主婦A子さん、派遣の事務職 B子さん、そして池田さんの3人。“自分へのご褒美”として、3000円前後と高めのランチを、年に4回ほどの頻度で楽しんできた。

 しかし新型コロナウイルス蔓延の影響でランチ会は一旦中止に。緊急事態宣言が解除された頃、池田さんは思い切って再開を提案してみたそうだ。

「私としては快諾されると思ったのですが、イマイチな反応でした」(池田さん、以下同)

 A子さんは新型コロナウイルスに感染することを恐れており、“感染対策がしっかりとしたお店なら参加できる”と言ってきた。

「小さい子供もいますしね。敏感になるのは仕方がないかなぁって思いました」

 池田さんによると、A子さんは美味しいものに目がないそうだが、そんな彼女が意外なことを言ったという。

「“自粛生活で生活費が結構かかっちゃって。今回だけリーズナブルな価格だと助かるんだけど”って。自粛生活でお金ってかかるんですか? それが不思議で……」

 ネット上での子育て世帯の声として、“自粛生活で食費が増えた”や、“自宅で遊べるおもちゃを買わざるを得ない”などといったコメントが多くみられた。もしかしたら、A子さんもその1人だったのかもしれない。

元同級生の金銭感覚が「わからない」

 また、B子さんからも色よい返事はもらえなかった。

「“派遣先で出勤日の調整が入っちゃって、収入が減っちゃったんだよね”と言われました。かわいそうだなぁとは思いますが……」

【関連記事】