Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山本由伸、種市篤暉、藤嶋健人……2016年ドラフトの下位指名は逸材だらけ

配信

週刊ベースボールONLINE

 今年プロ4年目を迎える2016年ドラフトで指名され入団した選手たちは、下位指名に逸材が多いことに驚かされる。この年のドラフトは「大学ビッグ3」の動向が注目され、創価大の田中正義(ソフトバンク)に5球団が競合。明大の柳裕也(中日)も2球団が競合し、桜美林大の佐々木千隼は「外れ1位」でNPB史上最多の5球団が競合した。高校生では作新学院高・今井達也(西武)、横浜高・藤平尚真(楽天)、履正社高・寺島成輝(ヤクルト)、広島新庄高・堀瑞輝(日本ハム)が1位で入団している。だが、プロに入れば実力の世界だ。山本由伸、種市篤暉、藤嶋健人……チャンスをつかんだ下位指名の選手たちがチームに不可欠な存在になっている。 通算成績は2019年現在 パ・リーグ6球団 過去10年で大成功のドラフトはいつ?

・山本由伸(オリックス) 16年ドラフト4位 ※通算79試合登板 13勝9敗1セーブ32ホールド、防御率2.54  岡山県で生まれ育ち、野球留学で宮崎県の都城へ。県下で名の知れた右腕だったが、甲子園出場はならず。高卒1年目の17年に球団の高卒ルーキーで球団史上23年ぶりのプロ初勝利をマークすると、18年にセットアッパーに定着して54試合登板で4勝32ホールドと活躍。先発転向した昨年は8勝6敗、防御率1.95で最優秀防御率のタイトルを獲得した。同年に開催された「プレミア12」でもセットアッパーで侍ジャパンの初優勝に貢献。最速158キロの直球、スライダー、フォーク、カーブ、ツーシーム、カットボールと多彩な変化球の精度も高い。

・種市篤暉(ロッテ) 16年ドラフト6位 ※通算33試合登板 8勝6敗2ホールド、防御率3.95  八戸工大一高で2年秋からエースになったが、甲子園出場はなし。入団時は1位指名の佐々木千隼の注目度が高かったが、2年目の18年に一軍デビューを飾るなど7試合登板。初勝利はお預けとなったが、同年オフに弟子入りしたソフトバンク・千賀滉大に球威十分の直球を絶賛された。昨年は先発ローテーションに定着し、チーム最多タイの8勝をマーク。8月には江夏豊、木田勇に並ぶ日本人最多タイの23イニング連続奪三振を記録した。背番号「63」から「16」に変更した今季はエースとして活躍が期待される。

【関連記事】