Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Z世代はゲームでデモをする。「あつ森」や「K-POP」で発揮されるデジタルネイティブの政治活動とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

2019年に世界中で「気候変動ストライキ」を実施し、その行動力に注目が集まったZ世代。そのエネルギーはロックダウン中でも健在で、彼らの政治活動の拠点はソーシャルメディアだけでなく、ゲームやオンラインマップなど、バーチャルの世界にも拡大している。

香港の活動家たちが任天堂のゲーム『あつまれ どうぶつの森』(以下「あつ森」)で民主化運動を続けたのに続き、人種差別反対運動ではK-POPファン達が団結して「デジタルネイティブ」の力を発揮した。Z世代が繰り広げる新時代の政治活動をレポートする。

デモ用の服もデザイン 「あつ森」で盛り上がる政治活動

松明が燃える無人島の砂浜――「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、今こそ革命だ)」というスローガンが書かれたバナーと、香港行政長官のキャリー・ラム氏の似顔絵が砂の上に置かれ、6人の「活動家」たちが魚網を持ってそれを取り囲んでいる。そして次々にその魚網でラム氏の似顔絵をパタパタと叩いた後、そのうちの一人がラム氏の顔に足で砂をひっかけて埋めてしまうと、パチパチと拍手が巻き起こった。 これは、任天堂の人気ゲーム「あつ森」で展開された一場面。新型コロナウイルスの影響により、路上での抗議活動ができなくなったことを受け、2019年3月頃から続いていた香港の民主化デモは、ソーシャルネットワークやゲームなど、バーチャル世界にその活動の場をシフトさせることになった。 「あつ森」はプレーヤーが手つかずの無人島で自分の必要なものを作ったり、動物たちと友達になったり、釣りをしたり、友達を招待したりしながら、自分の島をクリエイトしていくというゲームで、ロックダウンで退屈した人たちに格好の気晴らしを与えた。3月20日の発売以来、6週間で1300万の売り上げを記録したという。 もちろん、これはピュアなエンターテイメントゲームで、政治とは何の関係もないのだが、自分でアート作品や服などをデザインできるというカスタマイズ性が大きいほか、それを世界中のユーザーと繋がってシェアできるというインタラクティブ性も高い。香港の若き活動家たちはこうした機能を使って、自分たちの抗議活動をテーマにした服やアート作品を仲間たちと共有し、自分たちの「島」で活動を展開したというわけだ。

【関連記事】