Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小芝風花「これは本当にホラーなの? (笑)」 ドラマ『妖怪シェアハウス』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ananweb

「初めて台本を読ませていただいた時、妖怪たちとシェアハウスで暮らすという突拍子もない設定がとにかくおもしろい! と思いました」 ドラマ『妖怪シェアハウス』で小芝さんが演じるのは、人に嫌われることを恐れ、空気を読んでばかりいる目黒澪。彼氏に騙され、家もお金も奪われた澪は、ひょんなことから人間のフリをした妖怪たちとシェアハウスで同居することに。 「澪のように、自分の言いたいことがなかなか言えない女の子って多いと思うんです。私もつい、ここでこれを言ったら気まずくなっちゃうんじゃないかとか、いろいろ考えてしまうタイプ。だから共感できる部分は多かったです。澪は少し度を越えていますけど (笑) 。でも、どれだけ騙されても人を信じる純粋な女の子なので、ただ気弱なだけでなく、見る人に応援してあげたいと思われるように演じたいなと思いました」 そんなどこにでもいる普通の女の子を演じるべく、あえて現場には役を作り込まずに入ったという。 「昔は役について、あまりにも自分であれこれ考えすぎてしまうタイプだったんです。でも前に受けたオーディションで、そんなに手にいっぱい握りしめていると、現場で何も掴めないから、少し余裕を持って臨んだほうがいいとアドバイスされたことを思い出して。とくに今回は普通の女の子の役だったので、手ぶらで行って、個性豊かな妖怪さんたちの一つ一つのセリフや動きに、素直にリアクションできたらいいなって」 劇中には、お岩さん、酒呑童子、座敷童子など、伝説の妖怪が次々に登場。澪が直面するトラブルや面倒な相手を、同居人のよしみで次から次へと過激にやっつけていく。 「登場する妖怪さんたちはみんな、自由奔放で人間味溢れる愛らしいキャラクター。そんな妖怪さんたちが語る身の上話も見どころの一つ。例えば、第2話に登場するお菊さんは、伝承では井戸に落とされたことになってるけど、それはみんなが勝手に言っているだけで、本当は…みたいな話が毎回登場するんです」 ホラーコメディというジャンルなだけあり、実際にホラー的要素もふんだんに詰め込まれているそう。 「台本を読んだ時は私も、これ本当にホラーなの? って思ったんですけど (笑) 、第1話で松本まりかさん演じるお岩さんが、妖怪の姿に戻って振り返るシーンがめちゃくちゃ怖くて。妖怪たちを紹介する“ゲキメーション”のタッチもめちゃくちゃホラーで、大人でもしっかり楽しめる作品になっています。妖怪さんたちが悪い人を毎回こてんぱんにやっつけてくれるのもスカッとするので、これを見て1週間の疲れを吹き飛ばしていただけたら嬉しいです」 『妖怪シェアハウス』 彼氏に騙され、失意の中で倒れてしまった澪 (小芝風花) は、助けてくれた女性・伊和 (松本まりか) が住むシェアハウスで目覚める。そこには妖怪たちの姿が…! 出演/小芝風花、松本まりか、大倉孝二ほか 8月1日よりテレビ朝日系にて、毎週土曜23:15~放送。 こしば・ふうか 1997年4月16日生まれ、大阪府出身。女優。情報番組『オスカル! はなきんリサーチ』のメイン司会を務めるほか、NHKラジオ第2『おしゃべりな古典教室』にレギュラー出演中。 ワンピース¥33,000 (PAMEO POSE/パメオポーズ 表参道本店 TEL:03-3400-0860) その他はスタイリスト私物 ※『anan』2020年8月5日号より。写真・土佐麻理子 スタイリスト・成田佳代 ヘア&メイク・竹下あゆみ インタビュー、文・菅野綾子 (by anan編集部)

【関連記事】