Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中村倫也、北川景子主演映画で弁護士役 『ファーストラヴ』新キャスト3名発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 北川景子の主演映画『ファーストラヴ』(2021年全国公開)の新キャスト3名が31日発表され、中村倫也が北川演じる主人公の義理の弟役に決定した。今年3月に放送された単発ドラマ「不協和音 炎の刑事VS氷の検事」では冷静沈着なエリート検事にふんした中村だが、本作では女子大生が父親を刺殺した事件を担当する弁護士に。また、事件の容疑者に芳根京子、主人公の夫に窪塚洋介がふんする。 【写真】30センチカットの北川景子  『ナラタージュ』『Red』など映画化が相次ぐ島本理生が2018年に発表した同名小説を、「SPEC」シリーズや映画『十二人の死にたい子どもたち』などの堤幸彦監督が映画化する本作。アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺した事件を取材する公認心理師の真壁由紀(北川)が、容疑者と面談を重ねるうちに、自身の過去の記憶にも結び付く意外な真相が浮かび上がっていく。北川が自らの発案により原作のキャラクター設定に合わせ、髪を30センチ以上カットしたことも話題を呼んだ。

 中村演じる庵野迦葉(あんの・かしょう)は、由紀と共に事件の真相に迫るクールでドライな敏腕弁護士。由紀の過去の記憶のカギを握る設定でもある。中村と言えば今年ドラマ「美食探偵」や映画『水曜日が消えた』など主演作が相次ぎ、新作主演映画『人数の町』が9月公開。『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』『騙し絵の牙』なども控えている。北川とは同い年となり、本作への出演に以下のようにコメントしている。

 「このビターな世界の中で、迦葉はどんな過去を背負い、またどんな未来を歩いていくのか、日常生活まで入り込むほどずっとず~っと考えていました。ここまで頭から離れなかった人物は初めてかもしれません。僕がこの世界に入る前から一ファンとして多大なる影響を受けてきた堤さん、窪塚さん。もはや百戦錬磨の芳根さん。そしてなにより、同世代の星、北川さん。試写の案内が届くのが楽しみな今日この頃です。ご期待ください」

【関連記事】