Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

京都女性殺害 女性の手に『防御創』…“犯人と争った後”に殺害された可能性も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

MBSニュース

 京都市の市営住宅で24歳の女性の遺体が見つかった事件で、女性の手に“抵抗した際にできたとみられる傷”があったことがわかりました。  10月11日、京都市下京区の市営住宅の一室でアルバイトの山村留美乃さん(24)が刺されて死亡しているのが見つかり、警察は10月14日も殺害現場とみられる寝室を中心に現場検証を行っています。  警察によりますと、山村さんの胸や首などには10数か所の刺し傷がありましたが、背中にも複数の刺し傷があり、手には抵抗した際にできたとみられる『防御創』と呼ばれる傷があったことが新たにわかりました。  警察は、山村さんが就寝中に襲われたのではなく“屋内で犯人と争った後に殺害された”可能性もあるとみて、事件前の行動や交友関係などについて調べています。

MBSニュース

【関連記事】