Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富川悠太アナの「報ステ」週2のみ出演は“懲罰”なのか…テレ朝幹部の返答に見えたキャスターとしての未来

配信

スポーツ報知

 ずっと胸につかえていた聞きたかったことが、やっと聞けた。すっきりした。  6月30日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた亀山慶二社長・COO(61)の定例会見。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4、5月と2か月にわたって開催を自粛。3月31日以来3か月ぶりの記者を招いての会見となった。

 同局は4月に看板ニュース番組「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)キャスターの富川悠太アナウンサー(43)始め制作スタッフ5人の感染が発覚。同月17、19日には本社の全館消毒を行い、以降も3密を避け、スタッフは原則、自宅作業。制作スタッフと報道スタッフを分けるなどの対策が取られていた。

 緊急事態宣言の解除を受け、原則として各社記者1人限定で開催された会見だけに、この日の同局の受け入れ態勢も慎重そのもの。受け付けやマイクの受け渡し役の広報部員もほとんどがフェイスシールドを着用。記者にも検温、消毒を徹底した上、会見場で前列に並ぶ亀山社長以下5人の幹部も大きなアクリル板の向こうから質問に答える“厳戒会見”となった。  富川アナに関する質問に亀山社長が直接答える“騒動”後初の機会となったため、当然のように「社内で『報道ステーション』のスタッフなど5人の感染者が出ましたが?」という質問が出た。

 亀山社長は「感染が疑われる症状が出てからの富川アナの出演に関しては重く受け止めています。出演者の体調(管理)など至らない点があったと思っています。テレビ局としては放送対応を優先しました。会見も開きませんでしたが、書面で説明させていただきました」と率直に謝罪した。  「富川アナ」という名前を亀山社長が口にした瞬間、私の胸にも、どうしても聞きたい質問がせり上がってきた。

 富川アナは4月11日にコロナ感染が発覚。数日前から発熱やたんが絡む症状があったものの、平熱に戻ったため、4月9日までは番組に出演していた。キャスターとして連日、感染への注意を呼びかけていた立場だっただけに視聴者から多くの批判を浴びる形となってしまった。  一部週刊誌などで親族に関するイレギュラーな報道まで乱れ飛ぶ中、富川アナは2か月の自粛生活を経て、6月4日の放送で2か月ぶりに番組に復帰した。実に56日ぶりの出演だったが、その表情は硬く、スタジオの雰囲気も重苦しかった。

【関連記事】