Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芳根京子「引き継いでいかないといけない出来事」広島原爆投下で命を落とした19歳女性を熱演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

広島の原爆で命を落とした19歳の女性の在りし日の姿を描く

 NHKは15日、ドキュメンタリードラマ「Akiko's Piano 被爆したピアノが奏でる和音(おと)」(BSプレミアム・BS4K、午後6時~)を放送する。広島に投下された原爆によって19歳で命を落とした河本明子さんの在りし日の姿を、日記にもとづいて描いていくドキュメンタリーとドラマの構成。主演を務めるのは「べっぴんさん」以来のNHKドラマ出演となる芳根京子。 【写真】ドキュメンタリードラマ「Akiko's Piano 被爆したピアノが奏でる和音」場面写真と出演者  ドラマの舞台は昭和15年の広島県三滝町。大好きなピアノを演奏することが喜びだった河本明子(芳根)は、父・源吉(田中哲司)、母・シヅ子(真飛聖)、そして2人の弟と仲良く暮らしていた。ある日、彼女の夢を応援してくれた教師の竹内(町田啓太)のもとにも、召集令状が届いた。戦況が悪化していくにつれ、徐々に音楽から引き離されていく明子の生活。「勉強がしたい」、「もっとピアノを弾きたい」。そんな思いをよそに、勤労奉仕に駆り出される。そして昭和20年8月6日の朝も、父の反対をおして、作業のために市の中心部へと向かっていったのだった。  ドキュメンタリーパートでは、明子さんが愛用していたピアノが2005年に修復され、「あの日の記憶」を現代へと伝える様子を伝えた。そして世界的作曲家・藤倉大氏がイギリスから来日し、彼女をイメージして作られた曲「ピアノ協奏曲第4番『Akiko s Piano 』」が、明子さんのピアノを使用し、終戦75年の節目となった2020年8月5日・6日に広島交響楽団によるコンサートで世界初演を迎えた。歴史に埋もれた名もなき女性の物語が1台のピアノが奏でる音によってよみがえった。

芳根京子インタビュー

――これまで「べっぴんさん」など、戦中戦後を生きた女性を演じられてきましたが、戦後75年たった今、当時を生きた女性を演じることの意義や、難しさについて、どう感じていらっしゃいますか? 「私は東京出身なので原爆については身近に被害にあわれた方がいなかったのですが、この作品に参加して、知っていると知らないとではすごく違うなと改めて感じました。実際に経験した方がいらっしゃる出来事を演じる怖さというものは感じますが、どんどん知らない人が増えていくなかで、こうして作品に残せること、そしてこういう作品に参加させてもらえることは、自分の人生においてもすごくありがたいことだと思います」 ――明子さんを演じて感じたことや、明子さんに共感した部分を教えてください。 「今の時代は自由ですよね。いま新型コロナの影響で不自由になっていることを不愉快に感じるのは、今までがすごく自由だったから。当たり前の時間、当たり前の日々がどれだけ貴重なものかというのを、これまでも言葉にはしていたけれど、実感、体感したことがなかった。ピアノが弾きたい時に弾けないとか、トマトが食べたい時に食べられないとか、友達と遊びに行きたいのに行けないとか・・・すごく等身大の19才の願いが叶わない時代だったというのは、演じていて胸が苦しくなりました」 ――視聴者へのメッセージをお願いします。 「東京出身でいま23才の私には、言葉にするのが難しくてすごくもどかしいんですけれど、被爆したピアノの存在や、被爆して19才で亡くなった明子さんという女性の存在を、とにかく知って欲しいと思います。やはりわたしと同世代の人たちも引き継いでいかないといけない出来事ですし、この作品に参加させていただいたからこそ感じ取れている部分はあると思うので、言葉で説明するよりも作品を見て頂けたら全部伝わるのではと思っています」

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT