Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナと風俗と「貧困女子」〈生きていくため、大学に通うために働かざるをえない“普通”の女性たち〉/中村淳彦――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン
コロナと風俗と「貧困女子」〈生きていくため、大学に通うために働かざるをえない“普通”の女性たち〉/中村淳彦――文藝春秋特選記事【全文公開】

(c)iStock.com ※写真はイメージです

「コロナが終息したら、ものすごく絶対おもしろいことがあるんですよ。美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから」  4月23日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、岡村隆史(50)はリスナーのハガキに応える形で、こう発言した。この発言により岡村はネットで大炎上、大糾弾され、MCを務めるNHK「チコちゃんに叱られる!」の降板を求める呼びかけまで展開された。  コロナ禍の最中に「ものすごく絶対おもしろいことがある」と、女性の転落を面白がったことは確かに不謹慎で許されるものではない。しかし、世の中の不景気と、女性が“性”を売るビジネスが密接につながっていることは、紛れもない事実である。  女性に性を売る決断をさせるのは生活苦だ。収入減や失業などによって、生きていくためのお金が足りなくなると、女性は水商売、性風俗、売春などで働く。それしか選択肢がないからだ。  筆者は20年以上、性風俗を中心として女性の貧困を取材している。風俗嬢がどのような女性たちなのかをよく知る立場にある。  現在の風俗嬢は、昭和や平成前期の時代とはまったく違う、普通の女性だらけとなっている。性を売る彼女たちは妻だったり、お母さんだったり、派遣社員だったり、マジメな女子大生だったり、本当に一般的な女性たちが裸になって働いている。正直、先進国とは思えない異常な現実がある。  この状況は「非正規雇用の拡大=女性の貧困の拡大=性風俗、売春の志願者増」という図式になっている。風俗好きを公言する岡村の「美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」という発言は、筆者や風俗関係者や風俗客からすれば常識的な事実だ。  しかし、世間はこの常識を許さなかった。岡村は、4月30日に放送されたオールナイトニッポンで「たくさんの人たち、特に女性のみなさんに不快感を与えたことについて、心から謝罪させていただきます」と謝罪した。  本稿では、岡村発言がいかに真実であるか、これまで日本が目を背けてきた現実を紹介したい。

本文:7,465文字

写真:3
  • ナインティナイン岡村氏 (c)共同通信社
  • (c)共同通信社

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

中村 淳彦/文藝春秋 2020年8月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます