Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「甘え」という考えは危険…虐待や自殺につながる「産後うつ」の実態

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

産後うつは甘えではない

 産後うつは「甘え」です。  そんな、目を疑うようなツイートが話題を呼んだのは、2020年9月16日のこと。「うつ状態はあるがうつではない」という理由を根拠に、「産後うつで子育てや家事のできない奥様には叱りつけて躾けましょう」とも書かれていた。Twitterは多くの衝撃の言葉や反論であふれた。人に対して「叱りつけて躾ける」ことを是認する言葉に衝撃を覚えた人もいることだろう。 【写真と表】産後うつも大きな要因 社会で防げないのか…減少しない虐待死の推移  ちなみに厚生労働省の健康情報サイトe-ヘルスネットには以下のように書かれている。  「うつ病はとてもよく起こる病気ですが、女性の場合約12人に1人が一生のうち一度はうつ病におちいります。女性は男性の2倍うつ病にかかりやすいのですが、一生の中でも妊娠中や産後はとりわけうつ病がよく起こります」  遡って考えると、「うつ」という心の病そのものが長い間「怠け病」と言われ、周囲から理解される環境はなかった。自殺者の増加を受け、自殺の要因と職場の環境が結び付けられるようになったのが1999年。職場での心の病ですら、認められない時代が長くあったのだ。記憶の新しい所では、皇后雅子さまが2003年に体調を崩された時にも、怠け病と報じられることもあった。怠けと呼ぶということは、「甘ったれるんじゃない」という意味合いも持つ。つまりは体調が悪いことは甘えであり、そんな人は叱り飛ばせばよい、体調のケアをする必要なんてないということになる。  では実際、産後うつとはどのような背景があるのだろうか。胸ふさがれるような虐待事件には様々な要因があるが、「産後うつ」はその大きな原因のひとつだ。むろん叱り飛ばして良くなるものでは決してない。むしろ責め立てることで孤独を助長し、より一層危険な状態になる。  いま大切なのは心理的に辛い状況にある人を叱り飛ばすことではない。実態をきちんと認識し、子どもも親も健やかな環境にするために、何をすればいいのかを知ることだ。そこで、2018年にジャーナリストのなかのかおりさんが産婦人科医・海老根真由美さんに実態を伺って寄せてくれた記事を、再編成してお届けする。ちなみに、新しい数字の出ているものは本文中に編集部注として記載している。

【関連記事】