Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あらゐけいいち『日常』短編アニメをYouTubeで公開中 本人が作画と声優を担当

配信

KAI-YOU.net

漫画家・あらゐけいいちさんが、代表作『日常』のキャラクターを登場させる短編アニメを自身のYouTubeチャンネルで公開していることをご存知だろうか? YouTubeで公開された短編アニメをもっと見る 2011年に京都アニメーションによってTVアニメ化されている『日常』だが、このショートアニメはあらゐけいいちさん本人が作画と声優を担当。 字幕と効果音でキャラクターの心情や状況を伝える手法を採用しているため、よりシュールさが前面に出たアニメになっている。

『映像研』大童澄瞳、『おやすみプンプン』浅野いにおもYouTubeに

漫画家のYouTubeデビューは昨今のブームもあり進んでおり、『映像研には手を出すな』の作者・大童澄瞳さんは作画の様子をたびたび配信。 『ソラニン』『おやすみプンプン』などの作者・浅野いにおさんは、『Minecraft』などのゲーム実況配信をよく行っている。 『リアルアカウント』の原作者・オクショウさんもチャンネルを開設しており、独自の漫画批評や漫画講座を公開している。 また先日YouTubeデビューしたばかりのクリムゾンさんは今後、イベント開催も視野に入れて動画投稿を行っていくという。

『ONE PIECE』尾田栄一郎はフィッシャーズとコラボ

本人がチャンネルを開設するのではなく、他所のチャンネルにゲスト出演するという形もままある。 『ONE PIECE』の尾田栄一郎さんが、自宅にフィッシャーズを招いて物語の核心に迫る質問に答えた動画も記憶に新しい。 ゲストの豊富さ言えば、漫画家の浦田カズヒロさんとカワカミさんが運営する「漫画家チャンネル」が筆頭だ。 これまでに『彼女、お借りします』の宮島礼吏さんや、マンガボックス編集長・安江亮太さんほか、田辺洋一郎さん、大江しんいちろうさん、西山田さん、ふなつ一輝さん、アビディ井上さんなど多くの業界関係者が登場。 以上のゲストとの対談ほか、原稿持ち込みの失敗談や担当編集との軋轢など、漫画家ならではのネタを動画にしている。

エンタメ業界に広がるYouTube進出

ここ数年、HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんら人気YouTuberの知名度の上昇にともなって、いわゆる芸能人のYouTubeデビューが進んでいる。 コロナ禍によってTV番組や映画など、大人数が関わるコンテンツ制作の弱点が露呈したことで、少数でもコンテンツを制作し発信できるYouTubeなどのSNSの存在感が改めて注目されているこの頃。 TV出演の有る無しに関わらず、ロイヤリティの高いファンが多い個人にとって、YouTubeは有益な露出場所として機能していきそうだ。 ※記事初出時、一部に誤解を招く表現がございました。お詫びして訂正します。

Yuuki Honda

【関連記事】