Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日・与田監督が根尾の二塁守備を叱責「あれは捕らないといけない」

配信

中日スポーツ

◇20日 練習試合 広島3-4中日(マツダ)

 8回からの守備から途中出場した中日・根尾昂内野手(19)にとって大きな反省点は9回の守備だ。2死一、三塁から会沢の凡飛球が、二塁・根尾と右翼・渡辺の間に落ちる適時打となり一打サヨナラのピンチを招いた。長打を警戒する外野手が後ろに下がっていた上に逆風。根尾が捕球すべきだと認識していた与田監督は「あれは捕らないといけない」と渋い表情だった。 【写真】荒木コーチの『紙』対応  何度か渡辺の方を気にして追いつけなかった根尾は「単純に自分のミスです」と猛省。荒木内野守備コーチは「ミスはミスでも、準備していたミスか、準備していなくて起こったかで、質が変わる」と話した。この失敗は次に生かすしかない。

【関連記事】