Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今夏準Vの昌平が悲願の初優勝!昌平の新4番・古賀 智己に殊勲打

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 30日、秋季埼玉県高等学校野球大会は決勝戦が行われた。決勝に進んだのは、今夏独自大会で惜しくも準優勝に終わった昌平と、今大会、浦和実や花咲徳栄を破る快進撃で勢いに乗る細田学園だ。その両校は決勝戦にふさわしい好ゲームを展開する。 【写真】ナインに胴上げされウイニングボールを片手に宙に舞う黒坂監督(昌平)  試合は初回から動く。1回表、昌平は一死二塁での好機に3番・吉野 創士が2ボール1ストライクからの4球目を救い上げ、今大会3本目となる先制の2ラン本塁打を放った。高校通算36号で今大会3本目の本塁打と好調を維持する吉野は、「打ったのはインコース低めのスライダーです。張っていたのが真っ直ぐだったので、うまく対応できました」と準々決勝の川越東戦と同じく第1打席からコンタクトしてみせる。  その裏、細田学園は左前で出塁した2番・苑田 幸資が二盗、三盗を決め、一死一三塁とし、4番・吉野 壮真の犠飛で1点を返す。持ち前の機動力を決勝の舞台でも発揮した苑田に対し、細田学園の丸山 桂之介監督は「行ける時は行けと言ってありますが、三盗はびっくりでした」と、果敢に次の塁を狙う姿勢には指揮官も舌を巻いた。  その後昌平は2、3回に1点、細田学園は2、4回に1点と点を奪い合い、序盤は4対3の昌平が1点リードで試合は中盤に進む。  中盤はお互いに両投手が好投。二回一死からマウンドに上がった細田学園の背番号18・飯吉 陽来は準々決勝で強力・花咲徳栄打線を翻弄した80キロ台のスローカーブを武器に、3番・吉野を第1打席以降の4打席を凡退にするなどこの試合でも力を発揮。5回からマウンドに上がった昌平の背番号11・川島 新大も中盤を無失点で抑える好投を見せた。

 そして終盤の8回、昌平は4番・古賀 智己の2点適時二塁打で6対3と終盤にリードを広げた。古賀のこの日2本目の適時打は優勝を大きく手繰り寄せる殊勲打となった。今大会で初めてベンチ入りを果たし、3番の吉野とともに昌平打線を牽引する古賀について昌平の黒坂 洋介監督は、 「中学生の頃もずっと控え選手で人一倍努力をしている姿を見てきたので。タイプ的にも力強さと勝負強さを持っている選手なので今年のチームの4番に置きました。試合を重ねるごとに表情も柔らいで、4番らしくなってきたと思います」 と指揮官の抜擢に応え、さらなる成長を遂げる古賀を労った。  リードを3点に広げられた細田学園はその裏、二死満塁から3番・瀬戸尾 侑宏が中前2点適時打を放ち1差に詰め寄る。しかしあと一歩及ばす、昌平が6対5で勝利。今夏準優勝の昌平が、今大会快進撃を見せてきた細田学園を破り春夏秋通じて初優勝を飾った。  試合後、黒坂監督はウイニングボールを手にして「すごく重いです」と、悲願の県制覇を噛み締めた。  一方、県準優勝という結果を手にした細田学園の丸山監督は「本当になぜ勝ってこれたかわかりません。のびのびやっているからですかね」とこの大躍進には指揮官も選手たちの底力に驚かされた。  なお、この試合を戦った両校は10月24日に千葉県で開幕する関東大会に出場を決めている。激戦区埼玉を勝ち上がった両校には関東大会での躍進にも大きな期待がかかる。

【関連記事】