Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

XPS13とXPS13 2-in-1新モデル、最新Intel CPUとThunderbolt 4を搭載

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

さすがガジェット大豊作の秋! Dellのクラムシェル型ラップトップXPS 13は、ギズモード 編集部(特に米Gizmodo)からの信頼厚い端末で、ほぼ完璧と評価されています。それが、さらにアップデートするっていうんだから嬉しいことこの上なし。XPS 13、XPS 13 2-in-1に搭載されるCPUがIntelの第11世代チップTiger Lakeになります。 【全画像をみる】XPS13とXPS13 2-in-1新モデル、最新Intel CPUとThunderbolt 4を搭載 XPS 13スタンダードモデルは、見た目こそ前モデルと変わらないものの、CPUが第10世代から第11世代へとアップグレードし、さらにメモリが4267MHz, LPDDR4とスピーディになり、Thunderbolt 4ポート搭載で接続までよくなった中身重視タイプ。XPS 13デベロッパエディション(Ubuntu 20.04 LTSがプリインストール)も同じアップデートあり。 また、XPS 13にはWindows 10がデフォで搭載されてはいるものの、Ubuntu 20.04 LTSをダウンロードすればシステムを切り替えできるという、LInuxユーザー(これからLinux始めたい人)にとっても親切なオプションまであります。 XPS 13 2-in-1モデルは、同じくIntelの第11世代CPU&メモリが強化された上に、Windows Hello対応の赤外線カメラを搭載。対ボディディスプレイ比が、前モデルよりもちょぴっと大きくなっています。 今年の春にデザインアップデートされたXPS 13だけに、秋のスペックアップはうれしいニュースですね。 Tiger LakeのXPS新モデルは、米国とカナダで(現地時間)9月30日発売。(日本含むそれ以外の地域はこれより遅れて発売予定。)XPS 13スタンダードモデルは1,000ドル(約10万6000円)から、XPS 13 2-in-1は1,250ドル(約13万2000円)から。 ラップトップ欲しいなという人、とりあえず新XPS 13がでるまで待つのが吉です。

そうこ

【関連記事】