Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オトナの常識は通用しない! 初めての子連れキャンプを成功に導くアイテム10選

配信

Auto Messe Web

キャンプ好きおばあちゃんがいたら 実体験から教えてくれるようなもの

 子供とキャンプを安全に楽しむために持っていくべきものとは?万が一の時に必要になるもの、忘れた時に大変困ったものなど。これだけは絶対に持って行く、我が家のマストアイテムを10点ご紹介します。 【画像】子供と一緒のキャンプで持ってゆくべきお薦めグッズ10選など(17枚)

自然にみなぎる油断大敵なものへの対策グッズ

(1)オールシーズン必須【日焼け止め】  紫外線は一年中降り注ぎ、年々強まっています。敏感でデリケートな子供の肌を、日焼け止めでしっかり守ってあげましょう。  我が家では0歳から使用できるミルクタイプを、姉弟で兼用しています。とはいえ、なかなか塗らせてくれない時もあります。そんな時はサッとふりかけるだけのミストやスプレータイプがおすすめです。「ママ&キッズ UVライトベール」や「アロベビー UV&アウトドアミスト」などいろいろあります。 (2)スキを見せない【虫除け】  自然が豊かだからこそ、様々な虫が潜んでいます。刺されてからでは遅いので、虫除け対策は万全にしておきましょう。薬局で売っているようなスプレーやリキッドタイプはもちろん、写真のような電池式の携帯虫除けグッズもおすすめです。  夏場は100円ショップで購入した虫除けテープを、テントの入り口や子供の服などに貼っています。  他にも腕につける虫除けリングやシールも100円で売っているので、子供が気に入ったものを買ってあげると喜んで身に付けてくれますよ。 (3)万が一に備えて【ファーストエイドキット】  虫に刺された、転んだ、火傷した、など、あらゆる事態を想定して処置できる救急セットは必須!保険証・医療証(コピーでもOK)や母子手帳も必ず持っていくようにしましょう。ちょっとした確認のためにリストを下記に添えておきます。 【ファーストエイドキットリスト】  消毒薬、絆創膏、ガーゼ、テーピング、爪切り、ピンセット、ネット包帯、ハサミ、冷却シート、綿棒、体温計、ムヒ、ポイズンリムーバー、マスク、ビニール袋、風邪薬、鎮痛剤、胃薬、常備薬など (4)急な天候の変化に対応【レイングッズ】  ひとり歩きができるようになったら、レインコートや長靴などの雨具が必要。写真のアイテムはTHE NORTH FACEのマタニティレインコートで、キッズポンチョと大人コートが連結できるようになっています。なので0歳の抱っこ期から、5歳くらいまで長く使えます。  小さい子供には全身をカバーできる、オーバーオールタイプのスモッグもおすすめ。思いっきり遊んだり転んだりしても洋服が汚れにくく、帰宅後の洗濯が楽になります。

【関連記事】