Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インポスター症候群(詐欺師)とは?専門家が解説。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

今、女性の活躍を阻害し得るものとして注目を集めているのが、「インポスター症候群」と呼ばれる心理状態だ。詐欺師症候群とも訳されるこの心理は、どうやら「自信のなさ」や「自己肯定感の低さ」に起因しているらしい。では、どうすればこの心理状態から脱し、自信を奪還することができるのか。3人の専門家に取材した。 2018年12月、ロンドンの女子校で学生たちを前にトークイベントを行ったミシェル・オバマ前大統領夫人が、「希望の象徴」と見られることについてどう思うかと聞かれ、こう答えた。 「こうやってみなさんが私の話に耳を傾けてくださっていることに対して、私は今でもまだインポスター症候群の感じがしています。その感じは決して消えたことがありません」 アメリカのファーストレディとしての公務を立派に果たし、プライベートでは夫と2人の娘たちと円満な家庭を営んでいるミシェル・オバマを今も悩ませるインポスター症候群とはいったい何なのか?

インポスター症候群のカラクリ。

インポスター(imposter)とは詐欺師という意味で、インポスター症候群とは「名声や成功を手に入れた人が、自分の能力はさほど高くないのに過大評価されている、周囲をだましている詐欺師のような気分になる」という心理状態である、とされている。しかし厳密には、シンドローム=症候群とするような疾患や精神障害ではなく、むしろ成功した人の多くが感じる不安や緊張であるという見方が心理学者の間でも一般的となっている。 初めてインポスターという言葉が使われたのは、1978年にポーリーン・クランスとスザンヌ・アイムスという2人の心理学者が書いた「高い業績を達成した女性たちの中にあるインポスター体験」という論文だ。2人は5年間かけて、企業で高いポストについたり、アカデミックな世界で業績をあげたり、有名大学で学ぶ女性たち約150名を対象に、成功を手に入れるとどんな心理状態になるのかを調査した。すると多くが「こんな自分が評価されて成功したのは信じられない。周囲をだましているような気がする。いつか自分の本当の能力がばれるのではないかと不安」と心情を吐露したのだ。 1970年代のアメリカといえば第二波フェミニズムのまっただ中で、まだ女性が高い地位についたり、業績が認められたりすることがめずらしかった時代だ。だから、注目されることに女性が怯えを感じたのではないかとも思われたが、女性の社会進出が進んでからも、インポスターの心理にとらわれたと告白する人は後を絶たず、そう打ち明ける人々の中には、前述のミシェル・オバマをはじめ、対外的には順風満帆な「勝ち組」人生を邁進しているように見える著名人やセレブリティたちも多く含まれた。加えて、「女性に多い」とされてきたインポスター症候群だが、女性だけでなく男性も、また有名人や成功者だけでなく一般の人たちもその心理に陥ることが調査によって明らかになった。 哲学者でアドラー心理学を研究する岸見一郎は、なぜ成功者が周囲をだましているように感じ、自分の能力や才能で成功したと受け入れられないか、その理由をこう分析する。 「理由は3つ考えられます。第一に、自分の能力が恒常的に続くことが信じられないから。今回はがんばって成功したけれど、こんなことは一回限りだと思ってしまうのです。第二に成功の理由を自分の力以外の要因、例えば幸運にあると考えるから。そう考える人は、『今回は運よくうまくいったけれど、次回はそうとはかぎらない』と不安になってしまいます。そして第三に、失敗したときに備えて保険をかけようとする心理。この心理状態のときには、例えば次の機会に失敗すると、自分の能力や才能の欠如を嘆くより、むしろ能力のなさが証明されたとかえって安堵したりする。これらはすべて自信のなさから起こること。根底には強い劣等感があると考えられます」 岸見はまた、本当の自信がない人の特徴として、他者からプラスにせよマイナスにせよ評価されることを極度に恐れる傾向にあるという。 「本当の自信がないと、他者の期待を満たさなくてはならないと思い込み、周囲の顔色をうかがって期待されていることを先読みして実行しようとします。そして期待に応えられなかったと思うと、たとえ周囲から成功と認められても、素直に受け入れることができずに落ち込んでしまう。称賛されると、自分をばかにしているんじゃないかとまで思ってしまう。かなり屈折した承認欲求であるとも言えるでしょう」

【関連記事】