Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

愛着ある滋賀を離れ、新たな挑戦へ踏み出した狩野祐介「挑戦ができない選手と見られたくはなかった」

配信

バスケット・カウント

「ものすごく悩んで、何週間も考えて」

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=B.LEAGUE 新型コロナウイルスの影響で移籍の動きが少ないとの予想に反し、今オフは大型移籍が相次ぎ、リーグの勢力図が変わろうとしている。チャンピオンシップ進出を狙える位置までジャンプアップした滋賀レイクスターズも選手の出入りが激しく、Bリーグになってからの4シーズン、主力としてチームを支えた狩野祐介も、名古屋ダイヤモンドドルフィンズへの移籍が決まった。悩みに悩んだ末の決断を「不安はあります」と語るが、それ以上に自信もある。タレント揃いの名古屋Dで精神的支柱となること。今の狩野は、その役割をいかに果たすかだけを考えている。 ──滋賀では今オフ、多くの選手が移籍しました。ただ、キャプテンの狩野選手まで移籍するのは予想外でした。 そうですね。僕が移籍を考えた一番のきっかけはこの新型コロナウイルスという世の中の状況です。今は息子がいるので家族のことをまず考え、そして自分のことを考えました。僕の移籍は予想外だったかもしれませんが、「狩野は残るだろう」というイメージで見られたくなかったのもあります。滋賀で4年間を過ごして築いてきたものがあり、それを捨てて新しいところに行くのは大変だと思いますが、そういう挑戦ができない選手と見られたくはなかったです。 葛藤はありました。ものすごく悩んで、何週間も考えて。自分で言うのも何ですけど、滋賀での4年間で信頼を勝ち取ってきました。それがゼロになるのはやっぱり不安です。それでも、これまで教わってきた指導者の皆さんは、みんな「悩んだ時はつらい選択をしろ」と言っていました。僕はこれまで運良くそういうコーチとの出会いに恵まれたので、今回の決断ができました。 ──Bリーグができるタイミングで東京エクセレンスから滋賀に加入して、良いことも悪いこともあったと思います。移籍するこのタイミングで振り返ると、良い思い出と大変だった思い出、どちらが頭に浮かびますか?  本当だったらチャンピオンシップ進出を争った思い出話をしたいんですけど、それまでの3シーズンは残留争いで、そちらの印象が強いです。4年間を総合的に見ればつらかったことが多いですね。それでもポジティブに考えたら、3年連続で苦しい戦いになりましたが、それを戦い抜いてきたのは僕たちしかいないし、4シーズン目にはたくさん勝って、気持ち良く終わることができました。負けが続いた時期も長かったですが、最後に良いチームとして戦えたのが僕の滋賀での思い出です。 ──26歳で加入して、30歳で出て行くことになります。チームリーダーとなり、キャプテンも経験しました。 チームのまとめ役は、苦しいというか大変でした。でも3年目には伊藤(大司)さん、そして4年目は狩俣(昌也)さんが入って来てくれて楽になりました。 ──プレーの面で、ここが成長したと言える部分はどこですか?  ショーン・デニスヘッドコーチがシューターとして僕を育ててくれたので、自信を持ってシュートを打てるようになりました。シューターの心得としてどうあるべきか、「常にシュートを狙え」と言われて、ちょっとでも迷ったら指摘されました。そうやってプレーを育ててもらったのも事実なんですけど、あとはキャプテンとして、人としてどうあるべきかもすごく教えてもらいました。 例えば遠征で飛行機に乗った時、エコノミーでの移動だったんですが、ある日本人選手が非常口の横で足元が広いシートに座っていたんです。するとコーチが僕に、(ファイ)サンバが普通のエコノミー席で窮屈そうに座っていることを指摘したんです。「俺だったら席を譲る。サンバをあの狭いところには座らせないぞ」と。その時に自分が気づいて指摘できなかったことを恥じました。 デニスコーチは本当にいろんなことを細かく見ている人です。僕がキャプテンだからというのは関係なく、すべての選手を一人の人間と見なして多くのアドバイスをくれます。デニスコーチの下でやっていなければ、自分はここまで来れていないと思います。

【関連記事】