Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【声優・山本彩乃のゲーム日和(1)】奥深き鬼ごっこゲーム『第五人格』を語り尽くします!

配信

マグミクス

高校時代に出会った恋愛ゲームから「声優」の道へ

* * *  皆さま初めまして! 声優をやらせていただいいております、山本彩乃と申します。 【画像】『第五人格』の人気ぶりがひと目でわかる画像(5枚)  私はTPSやFPSなどをはじめ、ゲームが大好きでして、今回ゲームを好きなだけ語っていい場所をいただけて、とぉーっても幸せです!  まずは自己紹介させてください。実は、声優を目指すことにしたのもゲームがきっかけなんです。  高校生の時にクラスで噂になっていた女性向け恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル Girl's Side』がありまして。みんなが「自分の名前も呼んでくれて、素敵な言葉も言ってくれる、すごいゲームなんだよっ!」と、女の子たちがもうメロメロになってました。  そのゲームソフトがとても気になってお友達から借りたのが、人生の分岐点! 私もすっかりハマって、ずーっと葉月くん(ときメモGSのキャラクター)と素敵な日々を過ごし続けましたよっ! そして、本気の本気で『二次元の世界に行く方法』を考え始めたんです。  ある日先輩に相談していたら、「声優になったら、間接的に二次元の世界に行けるよ!」と、何ともビックリな、そして「確かにっ!」と納得できる意見をいただけて、それから今につながる道を進み始めました。  私が演じたキャラクターがゲームの画面で喋っているのを見ると、心から嬉しくて感動します。先輩に言われたとおり、間接的に私は二次元の世界に行くことができるようになりました。夢が叶うって本当、涙が出ちゃうくらい嬉しいです!  自己紹介が大変長くなってしまいました(笑)。本題に入りましょう! 私が今ハマっているゲームについて語らせていただきます。それは『identity V 第五人格』です!

対戦を楽しむだけじゃない。『第五人格』の濃い世界観

『identity V 第五人格』(NetEase Games)は、4対1で戦う鬼ごっこのようなゲームです。逃げる側となる4人の「サバイバー」は、フィールドである「荘園」内に7個ある「暗号機」のうち5個を解読して脱出を目指します。追いかける側のハンターは1人だけ。「サバイバー」をつかまえて椅子に縛りつけ、戦いから離脱させるのが目的です。  この本格的なゲームがなんと、PCだけでなくスマホでもお手軽に遊べるんです! ステージやキャラクターもたくさんあるのですが、最近気づいたのは、各キャラクターにバックボーンがあるんですよ! なぜこの荘園に来ることになってしまったのか…みたいな。  ただ対戦するだけでも楽しいのに、キャラクターそれぞれに濃い設定があったなんて、考察するのが楽しくて。  てっきり「ハンター」が悪者だとずっと思っていたのに、背景を知っていくと、「あら? ん?? もしかして、ハンターって良い人なの??」となってですね……ぬわぁ~、詳しくお話したいけれど、ネタバレになっちゃう!  そして「サバイバー」は逆に……ということになるんですけど、このあたりについて次回で語らせていただきたく思います!  よろしければ、『identity V 第五人格』をダウンロードして、チュートリアルだけでも終わらせておいていただけると、次回私が何を言ってるのかがより伝わりやすいかと思います。よろしくお願いしますです! ●やまもと・あやの 声優/アミュレート所属。アニメ『STEINS;GATE』(天王寺綯)、アニメ『ひなろじ~from Luck & Logic~』(ワッフル)、ゲーム『閃乱カグラ』(四季)、ゲーム『チュウニズム』(天王洲なずな)、ゲーム「Tokyo 7thシスターズ」(堺屋ユメノ)など。ゲームとアニメの情報バラエティ『木曜だからゲッチャ』(毎週木曜日21:00~ ニコニコチャンネル)にレギュラー出演中。

山本彩乃

【関連記事】