Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトボール〝勝手に応援〟芸人が目指すもの 新型コロナになんか負けない 「奇天烈オムレツ」東京五輪への思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 ソフトボールを模したかぶり物に、自作のユニホーム。スタジアムに響く誰よりも大きな声援。奇妙な格好で球場を盛り上げるのは、ソフトボール大好き芸人を自称するお笑いコンビ「奇天烈オムレツ」(松竹芸能所属)だ。大好きなソフトを広めようと、試合会場に足を運び、女子の日本代表選手らとの交流をSNSで発信している。東京五輪1年延期も「普及のための準備の期間ができた」と明るい。金メダルの有力競技でもあるソフトボールへの思いを語った。 (共同通信=志津光宏)  ▽和やかな空気  「このピッチャー、(投げる)球速いよ!」「見てから(バットを)振っても遅いから!」  2019年12月、沖縄合宿の合間に開かれた、マスコミ対選手の「懇親試合」。マスコミ側で参加したツッコミ担当のはつをさん(35)の檄(げき)が飛んだ。ボケ担当のちばなちなこさん(27)は、ピッチャーとして登板した。「静かにして!」。選手らからも笑い声が上がる。球場全体が和やかな雰囲気に包まれ、2人と選手たちの仲の良さが伝わってくる。

 ▽マイナー競技なの?  ちなこさんはソフトボールが盛んな沖縄県読谷村出身。小中高とソフト一筋で県選抜にも選ばれたことがある。大学進学で競技から離れたが、3年の時に訪れたベトナムで、ソフトの知名度の低さに驚かされた。「自己紹介すると、みんなが『え?ソフトボールって何?』って顔。力を入れてきただけにショックだった」。  思えば国内でも盛り上がりに欠ける。何かできることはないかと考える中で、ちなこさんが着目したのは、小さな体にキノコのような髪形といった自らの個性的な容姿だった。  「そうだ、芸人になろう」  有名になり、広告塔としてソフトの普及に力を入れようと考えた。16年、同じくソフト経験者だったはつをさんと芸能事務所の養成所で出会い、コンビを組んだ。  「芸人はあくまでソフトボールを広めるための手段」と言い切るちなこさん。はつをさんもその思いに賛同した。  ▽レジェンドに…  無名コンビの草の根の活動は「とにかく球場に足を運ぶこと」。2人でレンタカーに乗り全国を巡り、車中泊をすることもあった。使った費用は200万円を超えた。芸人としての収入だけではとても生活できないため、アルバイトで生計を立てる。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS