Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

甲子園交流試合 花咲徳栄監督が感謝「一生の思い出」負けた大分商監督も「最高」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「高校野球交流試合、花咲徳栄3-1大分商」(10日、甲子園球場)  花咲徳栄(埼玉)が接戦を制し、開幕戦の勝利を飾った。 【写真】大分商、花咲徳栄が選手宣誓「再び希望を」「勇気と活力を」  新型コロナウイルスの影響で、1試合限定の「夏の甲子園」。勝っても負けても3年生にとっては最後の試合で、両軍ともに充実の表情で甲子園を後にした。  花咲徳栄の岩井監督は開口一番、「開会式から開幕戦、無事に終えることができてホッとしています」と実感を込めた。勝利の喜びもにじませながら、「このような機会をあたえてもらっただけでも感謝。(3年生には)一生の思い出として強い気持ちでやってもらいたい」とうなずいた。  1失点完投の花咲徳栄・高森も「夢の様な舞台でした。夢の舞台でちゃんとピッチングが投げられた。(仲間に)ここまで来てくれて、後ろで守ってくれてありがとうという思いです」と笑った。  惜敗した大分商・渡辺監督も「いろんな意味で苦しんだ3年生と最高の形で甲子園で引退試合、感謝しながら苦しかった3年間を思い出しながらやっていました。粘るしかない、初回からどうなるかと思ったが、落ち着こうと。川瀬もゲームを作ってくれた」と充実の表情。プロ注目の右腕、川瀬は「二回から九回まで0でいったのは良かった。目標の150キロを投げられなくて、後悔もしています。(主将として)センバツ中止、夏の中止になったとき、明るい3年生がグラウンドに来てくれて助けられました」と、高校野球生活を終えて感謝の思いを述べた。

【関連記事】