Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本田圭佑は欠場。ボタフォゴ、ブラジル全国選手権で今季初勝利。2-1でアトレティコMG下す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

【ボタフォゴ 2-1 アトレティコ・ミネイロ カンピオナート・ブラジレイロ】  カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)、ボタフォゴ対アトレティコ・ミネイロの試合が現地時間19日に行われた。ボタフォゴが2-1の勝利をおさめている。 【動画】当時23歳の本田圭佑、オランダで突き刺した30メートルのスーパーミドル!  カンピオナート・ブラジレイロの2020シーズンは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、本来予定されていた5月の開幕から約3ヶ月遅れて開幕。だがボタフォゴは、対戦相手であるバイアの州選手権の日程が伸びた影響により開幕節は延期となり、今季初戦となったレッドブル・ブラガンチーノ戦は1-1の引き分けに。続くフォルタレザ戦も0-0の引き分けに終わっていた。  前節終了間際までプレーしていたボタフォゴの本田圭佑は、今節のアトレティコ・ミネイロ戦を欠場している。27分、ルイス・フェルナンドがゴールを決めてボタフォゴに先制点が入った。87分にはボタフォゴのカイオ・アレクサンドルが追加点。  後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、リードを守り切ったボタフォゴがアトレティコ・ミネイロを2-1で下し今季のブラジル全国選手権で初勝利を飾っている。 【得点者】 27分 1-0 フェルナンド(ボタフォゴ) 87分 2-0 アレクサンドル(ボタフォゴ) 90分+7分 2-1 ラベージョ(アトレティコ・ミネイロ)

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】