Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

見解分かれるお盆の帰省「お上をあてにせず自分たちでリスクを考えるしかない」 仏教的にアリ?“オンライン墓参り”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 お盆休みの帰省について西村経済再生担当大臣は3日、今週中に開かれる分科会を経て政府として方針を示す考えを明らかにした。 【映像】「オンライン墓参り」の様子  早ければ今週末からお盆休みの企業もあり、金曜日には帰省する予定の人もいる。受け入れる側の対応も様々で、秋田県は帰省や県内訪問を控えるよう家族からの呼びかけをお願いしたほか、中国地方の5県は「ふるさとへの帰省について、もう一度家族と相談してみてほしい」とメッセージを発信した。一方、大阪府は感染対策を万全にした上での帰省は問題ないとしている。  そんな中、お盆の行事にまつわるあるサービスが話題となっている。

 お墓に綺麗な花を手向け、水をあげる男性。一見、普通のお墓参りのようだが、お墓で眠るのはこの男性の先祖ではない。よく見ると、お墓の前にはiPadが。行われているのは、依頼した人に代わってお墓参りをし、その様子を中継で結ぶ「オンライン墓参り」だ。広島県の墓石屋「かの石材店」が、コロナ禍を機に新しいサービスとして始めた。  「コロナの影響で実際にお参りもできない人が結構いらっしゃるということで、ZOOMを使ってオンラインでリアルに伝えようと。うちは墓石屋で、法事とかで納骨に立ち会うんですが、ちょうど今年の2月、3月に法事を中止にされたお客様が4件あった。お参りというか法事もコロナの影響で来られないんだというのを実感して、その当時ZOOM飲み会とかオンライン会議がすごく巷で話題になっていたので、みんなが集まって寄られるような仕組みはないかなと」(かの石材・狩野寛和社長)  実際に依頼した人からは感謝の声が寄せられているという。一方で、このオンライン墓参りを巡りSNS上では、「オンライン墓参りとか ご先祖おこるかな…」「いくらなんでもオンライン墓参りて 墓の中から『冗談だろ?』って聞こえそう」「なんでもオンライン化すればいいってもんじゃないでしょう」と戸惑いの声が相次いでいる。

【関連記事】