Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地中から犯行車両? 被告人の供述通り 岡山県津山市のひき逃げ事件

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山陽新聞デジタル

 岡山県津山市の県道で5月、自転車の男性に車で追突し、重傷を負わせて逃げたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の罪で起訴されている同市、会社員の被告男(41)の運転していたとみられる軽乗用車が19日、同市荒神山の残土処理場で発見された。 【写真】250キロのカボチャ  岡山地裁津山支部で17日に開かれた公判の被告人質問で、被告男は「隠さなければいけないと思い、重機で押しつぶして埋めた。一人でやった」と供述。これに基づき、津山署は18日午後、現場から約5キロ南東にある同処理場で捜索を開始。19日午前9時半、地中約3メートルに埋まっていた車両の一部を見つけた。

【関連記事】