Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

輸入車がステータスだった!? アメリカで生産された日本車3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

アメリカで生まれた日本車を振り返る

 かつて、日本とアメリカの間には貿易不均衡という問題がありました。なかでも1980年代には、自動車と家電製品が大量に日本からアメリカへ輸出されていたことで、貿易摩擦へと発展します。 【画像】日本車なのに雰囲気はアメリカ!? 歴代モデルもあり! 海外生産された車を見る(25枚)

 品質の良い日本製品がアメリカで売れたことで、アメリカ製の製品が売れなくなり、失業者が増加。その結果、日本バッシングが激化し、不買運動や日本製品を破壊するデモも起きました。  そうした背景から、日本の自動車メーカーはアメリカに工場を建設し、現地の人を雇って生産を開始。貿易摩擦解消へと進み始めました。  さらに、アメリカ工場で生産したクルマを日本へと輸出することで、貿易不均衡の緩和も狙います。そこで、アメリカで生産された日本車のなかから、特徴的なモデルを3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「セプター」

 トヨタがアメリカで販売しているクルマで、ベストセラーとなっているのが「RAV4」と「カムリ」です。  なかでもカムリは長らくトヨタを代表する車種として、常に高い人気を誇ってきました。いまは日本とアメリカで、同一車で販売されているカムリですが、かつて異なる車種として販売されていたことがあります。  それが1992年に日本で発売された「セプター」です。セプターはアメリカ市場ではカムリとして販売されていたモデルで、1984年からGMとの合弁で現地生産を開始した後、1988年にケンタッキー州に自社工場を建設し、北米版カムリの生産を開始。  そして、トヨタは北米カムリを日本でも販売しようとするも、すでに日本国内には国内専用モデルのカムリが存在していたため、セプターに車名を改められました。  ボディバリエーションはセダン、クーペ、ステーションワゴンをラインナップ。このうちセダンは日本で生産され、アメリカから輸入されたのはクーペとワゴンの2モデルです。  日本ではセプターワゴンがセダンやクーペにくらべて好調な販売を記録していました。  セプターワゴンのボディサイズは全長4820mm×全幅1770mm×全高1480mmと、当時の国産ステーションワゴンとくらべかなり大柄ですが、むしろアメリカ車そのもののイメージが好評だったようです。  搭載されたエンジンは2.2リッター直列4気筒と、3リッターV型6気筒の2種類で、トランスミッションは4速ATのみのFFです。  室内はFFの恩恵もあって広大な空間を誇り、乗車定員は3列シートの7名となっていましたが、3列目シートは荷室に格納されており、乗員は後ろ向きに座るレイアウトとなっています。  セプターシリーズは1996年に販売を終了。後継車はありませんでした。

【関連記事】