Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“感染歴”気になる人に 新型コロナの「抗体検査」 一般希望者も受け入れ 松本歯科大 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

新型コロナウイルスに感染したことがあるかを調べる抗体検査を松本歯科大学が導入し、一般の希望者にも実施しています。大学によりますと、長野県内初の取り組みです。 松本歯科大学の病院の外に設置されたテント。中で行われているのは…。 「チクッっとしますね。失礼します」 新型コロナウイルスの抗体検査です。感染後、しばらくしてから体内にできる抗体を血液から検出し、過去に感染したことがあるかを調べます。ウイルスの遺伝子を調べるPCR検査に比べると精度に課題は残るものの、結果は10分程度でわかり簡単に感染歴がわかります。 検査を受けた人: 「思っていたより、ずっと簡単でした」 「下手するとあの時に何か感染したかもと(検査した)。抗体ができてた方がよかったかなと思ったけど、見事に陰性。引き続き気を付けないと」 松本歯科大学は、感染者の多い地域や海外の出身学生が多いことから、先月、学生や教職員など1146人に検査を実施。学生は全員陰性とわかり、通常の授業を再開しました。 一般市民からも検査を受けたいとの要望があり、8日から実施しています。今のところ陽性となった人はいないということです。 松本歯科大学病院・前島信也院長: 「もしかしてあの時の風邪様症状は新型コロナに感染していたんじゃないかとか、そういった不安を持つ方にはいい検査かなと。ただ、現在進行形の感染を診断するのに用いる検査ではないので、あくまでの補助的な、過去に感染があったか、無症状で感染があったか調べる検査」 検査は予約制で、直近14日以内に発熱などの症状がないことが条件。費用は税込み5280円です。

長野放送